🔥

GitHubの草を3Dプリンターで出力してみた。

2022/05/14に公開約500字

GitHubの草が生えていると開発のモチベーションが上がり継続的に開発を続けることができると思います。
そこで今回は、GitHub Skylineで出力されるstlデータを3Dプリンターで出力してみました。

https://skyline.github.com/hyodoblog/2021

出力方法

今回は、「DMM Make」というサービスで出力しました。
材質によって価格が4,000~30,000円内で調整されます。

https://make.dmm.com/print/biz/corp/

注文から到着まで約1週間ほどかかりましたが無事到着しました。
一番安い材料で出力した様子がこちらです。

白だと光の反射で写真写り悪いですが、実物は重量感があって満足な内容でした。

なぜ出力したのか

出力することで、自分の過去の頑張りを残すことができるため、モチベーション向上になるからです。
「コントリビューション = 技術力」ではありませんが、作品の質を上げるには量をこなす必要があるため、今は量をこなす時期だと考え、3Dプリンターで出力しモチベーション向上のための火種になると思いました。

ぜひ、試してみてください❗

Discussion

ログインするとコメントできます