🙆

UbuntuにDockerをインストール

2023/01/04に公開約1,300字

はじめに

基本的にはUbuntu向けのインフラの備忘録兼自分のためのリンク用。

Dockerのインストール

まずはDockerを導入するために必要となるパッケージをインストールする。

terminal
sudo apt update
sudo apt install -y apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common

公式DockerリポジトリのGPGキーをシステムに追加し、DockerリポジトリをAPTソースに追加する。

terminal
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"
sudo apt update

Dockerのインストールの参照が、デフォルトのUbuntuリポジトリではなく、Dockerリポジトリとなっていることを確認する。

terminal
apt-cache policy docker-ce

例えば、以下の出力となっていればよい。

docker-ce:
  Installed: (none)
  Candidate: 5:19.03.9~3-0~ubuntu-focal
  Version table:
     5:19.03.9~3-0~ubuntu-focal 500
        500 https://download.docker.com/linux/ubuntu focal/stable amd64 Packages

Dockerをインストールする。

terminal
sudo apt install -y docker-ce

Dockerがインストールされたことを確認する。

terminal
sudo docker version

Dockerはデフォルトではsudoにより実行する必要がある。
操作ユーザに関しては、sudoなしでDocker実行できるようにするために、dockerグループに追加する。

terminal
sudo gpasswd -a $(whoami) docker
getent group docker

先ほどはsudoをつけてバージョン確認を行ったが、今度はsudoなしでもバージョン確認ができることを確認する。

terminal
docker version

Dockerのサービスの有効化を行う。

terminal
sudo systemctl enable docker
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます