🌊

デプロイのためのプルリクを作るのが面倒だったのでGitHub CLIを導入した

2 min read

某サーバレス環境は、GitLabフローを使い、SAM+CodeBuildでビルド、デプロイしています。
feature or bugfix ブランチ -> main は、GitHubのGUIでポチポチいけています。ところが、
main -> it , it -> uat(staging)のようにブランチをーマージさせようとすると、mainブランチにマージさせようとすると力※が働き、非常にプルリクが作りずらい、かつ、オペミスをしそうになります。

そこでmain -> it , it -> uatへのプルリクを簡単に作れるように、GitHub CLIを導入しました。

※おそらく、GitHubフローを使えということでないかと。

GitHub CLIのインストール

wingetコマンドが使える環境の場合

winget install 'GitHub CLI'

モジュールをブラウザでダウンロードしてインストールする場合

https://cli.github.com/ からダウンロードしてインストール

ログイン

下記コマンドを実行して、設定項目を質問されるので選択していく

PS C:\work\step-functions\shinjinji-external-connect-infra> gh auth login 
? What account do you want to log into? GitHub.com                                   
? What is your preferred protocol for Git operations? HTTPS
? Authenticate Git with your GitHub credentials? Yes   
? How would you like to authenticate GitHub CLI? Login with a web browser
 
! First copy your one-time code: 5B91-4573
- Press Enter to open github.com in your browser... 
✓ Authentication complete. Press Enter to continue...

- gh config set -h github.com git_protocol https
✓ Configured git protocol
✓ Logged in as Hironobu-Utsugi
  1. Press Enter to open github.com in your browser... のところで、ブラウザが開くのでCLIに表示されているOne Time Codeを入力する。

    Device Activation

  2. (GitHub Enterprise + SSO使っていないとおそらくでない)SSO対象のOrganationで認証するための画面。SSOのOrganazation で使いたい場合は、Authorizeを押してからContinueを押す。今回は、SSOのOrganazationにあるリポジトリは使うはないのでそのままCountinueを押した。

    SSO

  3. Authorize githubを押す。

    Authorize GitHub CLI

  4. GitHubのログインパスワードを入力して、Confirm passwordを押す。

    Confirm acess

  5. 完了。(gh auto loginのコマンド実行画面に戻って続きを設定する。)

    Congratulations

プルリクの作成

main -> it へのプルリク

gh pr create -H main -B it -t "IT環境へデプロイ" -b " "

-H マージ元のブランチ
-B マージ先のブランチ
-t プルリクのタイトル
-b プルリクの本文

it -> uat(staging) へのプルリク

gh pr create -H it -B uat -t "UAT環境へデプロイ" -b " "

Discussion

ログインするとコメントできます