renderとredirect_toの違い

2022/10/10に公開約400字

〜renderとredirect_toの違いを無視して書き続けた結果わからなくなった備忘録〜

一言で言うと、以下の通りです

render:

表示させるviewファイルを指定するときに使います。

ファイルを指定してそれらを表示させるだけの処理の時に使います。

controller から view に飛びます。


redirect_to:

URLを指定する際に使います。

データの更新や削除など、データを送る処理の時に使います。

controller から URL にとび、さらに routeを跨いでcontrollerに帰ってviewに飛びます。

です。


参考

@morikuma709 様 https://railsdoc.com/

rails ドキュメント https://railsdoc.com/

Discussion

ログインするとコメントできます