ローカルのターミナルから、vultrのVPSサーバーにログインできるか試してみましょう。

xxx.xxx.xxx.xxxは作成したIPアドレスになります。

$ ssh root@xxx.xxx.xxx.xxx

ユーザー作成

rootでログインできたら、ユーザーを作成します。

パスワードは表示されないので、慎重に入力してください。

英数字、記号も混じっていないとはじかれると思います。

user infomationは全部Enterを押して進行します。

  • Full Name []:
  • Room Number []:
  • Work Phone []:
  • Home Phone []:
  • Other []:
root@vultr:~# adduser haruyasu

ユーザー権限変更

ユーザーにsudo権限を与えます。

root@vultr:~# gpasswd -a haruyasu sudo

ユーザーでログイン

root@vultr:~# su haruyasu

アップデート

haruyasu@vultr:~$ sudo apt update
haruyasu@vultr:~$ sudo apt upgrade
haruyasu@vultr:~$ sudo apt install nginx python3-pip python3-dev python3-venv libpq-dev postgresql postgresql-contrib

PostgreSQLのデータベース作成

haruyasu@vultr:~$ sudo -u postgres psql

postgres=# CREATE DATABASE mydb;
CREATE DATABASE

postgres=# CREATE USER myuser WITH PASSWORD 'mypassword';
CREATE ROLE

postgres=# ALTER ROLE myuser SET client_encoding TO 'utf8';
ALTER ROLE

postgres=# ALTER ROLE myuser SET default_transaction_isolation TO 'read committed';
ALTER ROLE

postgres=# ALTER ROLE myuser SET timezone TO 'UTC+9';
ALTER ROLE

postgres=# GRANT ALL PRIVILEGES ON DATABASE mydb TO myuser;
GRANT

postgres=# \q

pipを最新

haruyasu@vultr:~$ sudo -H pip3 install --upgrade pip

作業用のフォルダ作成

作業用のフォルダを作成し、ここにプロジェクトをおくようにすると整理しやすくなります。

haruyasu@vultr:~$ mkdir src

VSCodeでログイン

VSCodeにRemote SSHというプラグインがあるので、ダウンロードしましょう。

remote

Remote SSHを使用すると、VSCodeがVultrに接続できるので、フォルダが見れるようになります。

ssh haruyasu@xxx.xxx.xxx.xxxこのコマンドでアクセスできます。

remote