Render にデプロイしていきます。

アカウント作成

Render のアカウントを作成します。

https://dashboard.render.com/

Blueprints

Blueprints をクリックします。

BluePrint を利用することで、アプリケーションを構成するサービスをひとまとめにデプロイすることが可能です。

https://dashboard.render.com/blueprints

New Blueprint Instance ボタンをクリックします。

Connect a repository で先程コミットしたブランチをConnectします。

Service Group Name は先程作成した render.yaml の services の name を入力します。

今回は、django_renderと入力しています。

Apply ボタンをクリックします。

環境変数設定

しばらくすると、Dashboard にdjango_renderが表示されます。

この時点でビルドは失敗します。

django_renderをクリックして、Enviroment をクリックします。

Add Environment Variable で環境変数を設定します。

Render の Python のデフォルトは 3.7.0 になっています。

Django4 がインストールできないので、3.8 以上を設定します。

PYTHON_VERSION 3.8.10

スーパーユーザー作成用の環境変数も設定します。

SUPERUSER_NAME admin
SUPERUSER_EMAIL admin@admin.com
SUPERUSER_PASSWORD password

Save Change で保存します。

Manual Deploy ボタンのDeploy last commitでもう一度デプロイします。

ログが表示されるので、もしエラーが発生したら、修正します。

無料なのでデプロイ完了まで時間がかかります。

最初は 5 分くらいかかるかと思います。

スーパーユーザーが作成されていると、ログに表示されます。

動作確認

デプロイ完了するとこのようになります。

Render が自動生成した URL にアクセスしてデプロイできてるか確認しましょう。