このチャプターの目次

Render にデプロイするために、build.shファイルと、render.yamlファイルを作成します。

build.sh

build.sh ファイルを作成します。

  • ライブラリをインストール
  • collectstatic で静的ファイルをまとめる
  • migrate でデータベース構築
  • superuser でスーパーユーザー作成

build.sh

#!/usr/bin/env bash
# exit on error
set -o errexit

pip install -r requirements.txt

python manage.py collectstatic --no-input
python manage.py migrate
python manage.py superuser

render.yaml

render.yaml ファイルを作成します。

regionはシンガポールが近いので設定しています。

planは無料を設定します。

databases:
  - name: django_render_db
    region: singapore
    plan: free
    databaseName: django_render_db
    user: django_user

services:
  - type: web
    name: django_render
    env: python
    region: singapore
    buildCommand: './build.sh'
    startCommand: 'gunicorn mysite.wsgi:application'
    plan: free
    branch: main
    healthCheckPath: /
    envVars:
      - key: DATABASE_URL
        fromDatabase:
          name: django_render_db
          property: connectionString
      - key: SECRET_KEY
        generateValue: true
      - key: WEB_CONCURRENCY
        value: 4
    autoDeploy: true

GitHubにコミット

Djangoの設定が完了したので、GitHubにコミットしておきます。