🐕

JavaScriptでの動画ダウンロード処理

2022/06/12に公開約1,100字

ライブラリ

動画URL(S3 のURL等)に対して、ダウンロードする処理を実装したい時、FileSaver.js を使うと便利でした。

https://github.com/eligrey/FileSaver.js/

しかし、README を見ればわかる通り、Chrome における Max Blob Size が 2GB となっており、2GB 以上のファイルもダウンロードしたかったので他のライブラリを探していると、StreamSaver.js なるものがありました。

If you need to save really large files bigger than the blob's size limitation or don't have enough RAM, then have a look at the more advanced StreamSaver.js that can save data directly to the hard drive asynchronously with the power of the new streams API.

https://github.com/jimmywarting/StreamSaver.js

インストール

$ yarn add streamsaver @types/streamsaver

実装

今回は、TypeScript で書いています。

const downloadFile = async (url: string) => {
    // クライアント側で読み込まないとエラーになる
    const streamSaver = (await import('streamsaver')).default;

    await fetch(url).then(async (response) => {
        const blob = response.body;
        const fileSize = Number(response.headers.get('content-length'));
        const fileStream = streamSaver.createWriteStream(
        file_name, // DL時のファイル名を指定できます
        { size: fileSize } // size を渡すと、DLにかかる時間を表示することができます
        );

        await blob?.pipeTo(fileStream);
    });
};
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます