Open2

Kotlin1.5からkotlin.Result型が関数の戻り値に指定できるようになっていた

1.3時点での制限は現在のKEEPでは
Limitations (legacy) のセクションで紹介されている。

fun getSomething(): Result<Something> // エラー
fun getSomethingList(): Result<List<Something>> // エラー

Result型を直接関数の戻り値にするとコンパイルエラーになる。publicなpropertyも同様。
1.5ではこれらの制限がなくなっている。

ログインするとコメントできます