🦔

nfsstat表示の見方

1 min read

RC : Reply Cache

FH: File Handles

  • stale file handles
    NFS クライアントが開いたファイルまたはディレクトリが、サーバー上で削除されたかまたは置き換えられました。

IO: Input Output

  • ディスクから読み取ったバイトの総量と、ディスクに書き出したバイトの総量

TH: Threads

  • NFSプロセスのスレッドの情報
  • Threads NFSデーモンによって使用されているスレッドの数
  • fullcnt すべてのNFSスレッドが利用された総数

RA: Read Ahead Cache

  • Read ahead cache 連続したブロックのリクエストが予想されるときに使用されるキャッシュである。あるブロックの読み出しが要求された時、そのブロックの次のブロックが読み出される可能性が高い。そのため、NFSのスレッドはこれらの次のブロックをキャッシュする。
  • cache size 大抵スレッド数の2倍
  • 10%-100% ブロックが見つかった深さの度数分布
  • not found read-ahead cacheになかった回数

NET: Network

  • ネットワークの使用率統計
  • netcount 全てのパケットの数
  • UDPcount 全てのUDPパケット数
  • TCPcount 全てのTCPパケット数
  • TCPconnect 全てのTCPコネクションの数

RPC: remote procedure call

  • NFSは、クライアントとサーバの間のリクエストを道づけるためにRPCに依存する
  • rpccount 全てのRPCの命令
  • badcnt badfmt badauth badclnt の総数
  • badfmt ほとんどのbad call
  • badauth 認証ミス
  • badcInt 使用されず

Proc2

  • Proc 2 v2プロトコルを使用するNFSクライアントの状態。これはかなり古く、(1989年)v3やv4でなくv2を使う十分な理由は見つからない。
  • 操作はv3プロトコルとほとんど変わらない
  • 最初の値は、