🙌

ABC 196/D - Hanjo

1 min read

問題概要

HxW のマスからなる盤面に A 枚の 1x2 のピースを重ならないように置く. 2A \leq HW は保証されている. ピースの置き方はいくつあるか.

解法

公式解説を見てしまうと, DFS で全ての置き方を試すとだけある. 計算量を見積もることは出来るので分かっていれば問題ないが, 予め計算量の上限を与えるような解き方を与える.

各マスには次の3つの状態がある.

  1. ピースが置かれていない
  2. ピースが横向きに置かれている
  3. ピースが縦向きに置かれている

これを考えると 3^{HW} 通り. HW \leq 16 だと言われているので, 3^{HW} \leq 43,046,721 であるが, この中でさらにバリデーションなんかしてると(ギリギリであるが)TLE する.

もう少し丁寧に, 次のように細分化する

  1. HW マスの内, A マスを選んで,
  2. そこから横(右)方向または縦(下)方向にピースを置く

というのを考えるとこの全通りは

\binom{HW}{A} \times 2^A \leq 3,294,720

という上限が与えられる. これならバリデーションに O(HW) 掛けても大丈夫そう.

2^A 通りの全探索はビットセットの考え方から比較的容易に実装できる:

for iset in range(1 << A):
  # iset の i-th bit が立ってるかどうかでどうこうする

一方 \binom{m}{n} 通りの全探索も単純ではないが地道に実装すれば難しくはない. 私は こんな風に 自前のライブラリとして実装していて, コンテストではこれをコピペしている.

ans = 0
for p in binom(H * W, A):  # binom{mn}{a}
  for q in range(1 << A):
    # 実際に置いてみて, 重なることのないことをチェック
    if validate(p, q):
      ans += 1
print(ans)

Discussion

ログインするとコメントできます