改行で自動で大きさが変わるtextareaの作り方

1 min read読了の目安(約1600字

textareaを改行に応じて自動で高さが変わるようにします

入力イベント(oninput)時に、textareaの行の高さ × 行数(改行文字数)でheightを変えることで実装しています
コードは数行で、HTML, CSS, JSのみで簡単に実装できます

サンプル

http://runstant.com/cigar/projects/textareavariablesize

コード解説

<textarea id="textarea" placeholder="改行で高さが変わるtextarea" rows='1' oninput="resizeTextarea()"></textarea>

HTMLでoninput="resizeTextarea()
入力イベント時にtextareaのサイズ変更をする関数を発火させています

#textarea {
  resize: none;
  line-height: 1.5;
  width: 100%;
  padding: 10;
}

cssは自由に変えてもらってokです

textareaはデフォルトだと手動でサイズを変更できますが、今回は自動でサイズ変更されるため
resize: noneで手動リサイズはしないようにしています

line-heightとpaddingは下記のjavascriptの関数内で計算に使っているため、
変更する場合は調整してください

window.onload = function() {

  //- 改行に合わせてテキストエリアのサイズ変更
  this.resizeTextarea = () => {

    // textarea要素のpaddingのY軸(高さ)
    const PADDING_Y = 20;
    
    // textarea要素
    const $textarea = document.getElementById("textarea");
    
    // textareaそ要素のlineheight
    let lineHeight = getComputedStyle($textarea).lineHeight;
    // "19.6px" のようなピクセル値が返ってくるので、数字だけにする
    lineHeight = lineHeight.replace(/[^-\d\.]/g, '');

    // textarea要素に入力された値の行数
    const lines = ($textarea.value + '\n').match(/\n/g).length;

    // 高さを再計算
    $textarea.style.height = lineHeight * lines + PADDING_Y + 'px';
  };
};

ポイントはここで、textarea内の改行文字\nの数 = 行数として計算しています

const lines = ($textarea.value + '\n').match(/\n/g).length;

取得した 行の高さ * 行数 でtextareaの高さを決めてあげれば完成です

$textarea.style.height = lineHeight * lines + PADDING_Y + 'px';

以上です

読んでいただきありがとうございました