🐳

Dockerを使ってみよう!for Windows

2022/12/19に公開約2,100字

最近,Docker を使い始めて便利さを布教したくなったにわかユーザの私ですが,どうやら Windows の方は利用までに一手間あるらしい.

ということで,ここでは,Docker をインストールすることだけにフォーカスして,Windows 向けに解説します.
後輩向けにまとめた資料の移行版なので,初心者向けのつもりです.

Docker Desktop をダウンロード・インストール

CLI 版もあるのですが,初利用の方にとっては GUI が存在するほうが何かと安心感があるでしょう.
ここではデスクトップ版をインストールします.

https://www.docker.com/products/docker-desktop/

インストールを進めていくと,このようなウィンドウが表示されると思います.

この Use WSL2 instead of Hyper-V(recommended) というのが,何気に重要項目なのですが,recommended(推奨)されてるので,チェックを入れておきましょう.
デスクトップへのショートカットはお好みで.私はデスクトップには何も置かない派なので外しますが.

そのまま進めていくと,このようなエラーメッセージが表示されるかもしれません.

これが,Windows で Docker を利用する上で恐らく最初に躓くであろう問題で,この記事の本題でもあります.

私もざっくりとした理解ですが,要は
「お前の Windows だと Linux コマンドが使えねぇから Docker は動かせねぇよ.WSL2 を有効化してから出直してきな!」
ということです.多分.

WSL 2 を有効化する

WSL とは"Windows Subsystem for Linux"のことで,Linux の仮想環境を動かすための仕組みです.
WSL 2 は,WSL の新しいバージョンで,WSL 1 と比べて高速化されています.

サブシステムを有効化する

スタートから Windows PowerShell を検索し,右クリック →「管理者として実行」します.
ターミナルが開いたら,以下の 2 つのコマンドを順に実行します.

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

dism.exe は Windows のシステムファイルを弄ることができるものらしい.
一応,コントロールセンターから「プログラムと機能」からもチェックできるっぽい.

WSL2 へアップデート

Microsoft の解説ページにもある,Linux カーネル更新プログラムをダウンロードしてきます.

↓ こちらにアクセスするとダウンロードされます.
https://wslstorestorage.blob.core.windows.net/wslblob/wsl_update_x64.msi

ダウンロードができ次第,もちろん起動.

こんな感じでセットアップが完了すれば OK

ここまで進めたら,PC 本体を再起動しましょう
大体こういうのインストールしたら再起動するでしょう?

WSL2 を規定のバージョンに指定

またまた,PowerShell を管理者権限で起動し,以下のコマンドを実行.

wsl --set-default-version 2

「WSL2 との違いを~~」みたいなの出るかも.それだけ.
これで,WSL2 の有効化は完了です.

Docker Desktop を立ち上げてみよう!

チュートリアルをやってみよう!的な画面になったら成功.
それでも Docker コマンドが上手く動かないという場合は,一度 Docker Desktop をアンインストール・再インストールしてみましょう.

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます