🐡

【Flutter】パッケージ『http』を利用したAPI通信サンプルコード

2023/02/07に公開

パッケージ『http』を利用してAPI通信を行う簡単なサンプルコードを書いていきます!

パッケージ『http』の導入

下記コードをVScodeのターミナルへコピペしてエンターキーを押下する

$ flutter pub add http

https://pub.dev/packages/http

httpの記述について

import 'package:http/http.dart' as http;  // 使用時にライブラリをインポートする。

//get通信の場合
http.get(Uri.https('${ドメイン}','${パス}',{クエリ(Map}));

//post通信の場合
http.post(Uri.https('${ドメイン}','${パス}'),body: {クエリ(Map});

具体例(コード)

それではGoogle Books APIを利用して現在大人気放送中の某サッカー漫画のブックリストをアプリ上に表示していきましょう!

こちらのコードをではAPI通信で取得した本のリスト情報をListViewに表示し、ListViewを下に引っ張るとロードするコードも追加しています。

http.dart
import 'dart:convert';
import 'dart:io';

import 'package:http/http.dart' as http;
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:url_launcher/url_launcher.dart';

//https://dev.classmethod.jp/articles/flutter-rest-api/
//↑FlutterパッケージのHTTPでAPI通信を行う方法
//https://note.com/hatchoutschool/n/n67eb3d9106f1
//↑ListViewで表示するWidgetを下に引っ張ってデータを更新する方法
class MyHomePage extends StatefulWidget {
  const MyHomePage({Key? key, required this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  @override
  State<MyHomePage> createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {
  List items = [];
  bool isError = false;
  String errorString = '';

  Future<void> getData() async {
    // https://www.youtube.com/watch?v=2tBbC1rZo3Q&t=489s
    // HTTP:ブラウザとサーバーの間で通信を行うための規格
    // GETメソッド:データをちょうだい→パラメーターはURLに含める

    // 第一引数:Authority(どのWEBサーバーか)
    // 第二引数:Path(そのサーバーのどこのことを指すか)
    // 第三引数:Query
    try {
      // 1. GetでResponseを取得
      var response = await http.get(Uri.https(
          'www.googleapis.com',
          '/books/v1/volumes',
          {'q': '{ブルーロック}', 'maxResults': '20', 'langRestrict': 'ja'}));
      // 2. 問題がなければ、Json型に変換したデータを格納
      var jsonResponse = _response(response);
      // 3. 本の情報をリスト形式でデータを格納
      setState(() {
        items = jsonResponse['items'];
      });
      // throw Exception();
    } on SocketException catch (socketException) {
      // ソケット操作が失敗した時にスローされる例外
      debugPrint("Error: ${socketException.toString()}");
      isError = true;
    } on Exception catch (exception) {
      // statusCode: 200以外の場合
      debugPrint("Error: ${exception.toString()}");
      isError = true;
    } catch (_) {
      debugPrint("Error: 何かしらの問題が発生しています");
      isError = true;
    }
  }

  dynamic _response(http.Response response) {
    switch (response.statusCode) {
      case 200:
        var responseJson = jsonDecode(response.body);
        return responseJson;
      case 400:
        // 400 Bad Request : 一般的なクライアントエラー
        throw Exception('一般的なクライアントエラーです');
      case 401:
        // 401 Unauthorized : アクセス権がない、または認証に失敗
        throw Exception('アクセス権限がない、または認証に失敗しました');
      case 403:
        // 403 Forbidden : 閲覧権限がないファイルやフォルダ
        throw Exception('閲覧権限がないファイルやフォルダです');
      case 500:
        // 500 何らかのサーバー内で起きたエラー
        throw Exception('何らかのサーバー内で起きたエラーです');
      default:
        // それ以外の場合
        throw Exception('何かしらの問題が発生しています');
    }
  }

  //ListViewで表示するWidgetを下に引っ張ってデータを更新する
  Future _loadData() async {
    //Future.delay()を使用して擬似的に非同期処理を表現
    await Future.delayed(Duration(seconds: 2));

    print('新しいデータを取得しました');

    setState(() {
      //新しいデータを挿入して表示
      getData();
    });
  }

  @override
  void initState() {
    super.initState();

    getData();
  }

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: const Text('Flutter Sample'),
      ),
      body: isError
          ? const Center(
              child: CircularProgressIndicator(),
            )
          : RefreshIndicator(
              onRefresh: () async {
                print('データをリロード中');
                await _loadData();
              },
              child: ListView.builder(
                physics: AlwaysScrollableScrollPhysics(),
                itemCount: items.length,
                itemBuilder: (BuildContext context, int index) {
                  return Card(
                    child: Column(
                      children: [
                        ListTile(
                          leading: Image.network(
                            items[index]['volumeInfo']['imageLinks']
                                ['thumbnail'],
                          ),
                          title: Text(items[index]['volumeInfo']['title']),
                          subtitle: Text(
                            items[index]['volumeInfo']['publishedDate'],
                          ),
                          onTap: () async {
                            print('onTap');
                            const url =
                                'https://www.kamo-it.org/'; //←ここに表示させたいURLを入力する
                            if (await canLaunch(
                                items[index]['volumeInfo']['previewLink'])) {
                              await launch(
                                items[index]['volumeInfo']['previewLink'],
                                forceSafariVC: true,
                                forceWebView: true,
                              );
                            } else {
                              throw 'このURLにはアクセスできません';
                            }
                            ;
                          },
                        ),
                      ],
                    ),
                  );
                },
              ),
            ),
    );
  }

  void _opneUrl() async {
    const url = 'https://www.kamo-it.org/'; //←ここに表示させたいURLを入力する
    if (await canLaunch(url)) {
      await launch(
        url,
        forceSafariVC: true,
        forceWebView: true,
      );
    } else {
      throw 'このURLにはアクセスできません';
    }
  }
}

↓こんな感じのアプリになります

サンプルコード(Github)

サンプルコードをGithub上にて公開しております。
アプリ上で動かしてみたい方はぜひお試しください。
https://github.com/ios111-arch/HTTP_API_TEST

Discussion

ログインするとコメントできます