Chapter 02

クーポン(全体概要)

しげる
しげる
2021.12.03に更新

クーポン テンプレートでは、モードについてと全体の概要について説明します。

モードについて

LINE bot desginer には、 Bot, Flex Message, トーク の3種類のモードがあります。
クーポンでは、 Bot, トーク の使い方について紹介します。Flex Message については、予約で解説しています。

Bot モード

メッセージ、リッチメニュー、LIFFの画面を確認できます。
リッチメニューについては、イベントのページで説明します。

メッセージ

簡単に 文字・画像・スタンプ・位置・ファイルなどの簡単なメッセージからイメージマップ・テンプレート・カルーセルのような複雑なメッセージまでGUIで簡単に作成します。

また、Ctrl+C, Ctrl+V を使うことで、メッセージの複製もできます。

作成したメッセージは、JSONフォーマットとして、表示されているので、コピーするだけで利用が可能です。

Webアプリ

LIFFアプリの確認できます。ウィンドウサイズも フル, トール, コンパクト と切り替え、チェックできます。

トークモード

作成したメッセージを繋げて、実際に LINE で対話シナリオを確認できます。ボタン操作も直感的で、簡単な操作です。
⏯ : 再生開始 or 再生リセット
◀️ : 前のメッセージへ
▶️ : 次のメッセージへ
🔁 : 最初のメッセージへ

Botメッセージから、新たに対話シナリオを追加できます。
LINEのシュミレーターからユーザ側の文字, ファイル, スタンプを送信できます。文字で「hello this is 4geru」と送ってみました。そして、Botメッセージからブラウンのスタンプを送信しています。

トークでは、複数トークを増やせるので、対話の一部を抜き取ったトークの作成も可能です。