Closed1

Proxmox・KVMでWindows10/Windows Server 2019をVirtIOドライバを用いてインストールする

VirtIO(準仮想化)でパフォーマンスを向上させます

VirtIOドライバをダウンロード

stable(通常はこちら)

https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/direct-downloads/stable-virtio/virtio-win.iso

latest

https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/direct-downloads/latest-virtio/virtio-win.iso

VMの作成

SCSI Controller をVirtIO SCSIにする

Bus/DeviceをVirtIO Block , CacheをWrite backにする

ModelをVirtIO(paravirtualized)にする

作成した仮想マシンを選択しAddからドライバのISOのマウントする

ドライバが見つからないと出るため、ドライバの読み込みを選択する

ドライバをインストールしていきます

下記のドライバをインストールしていきます

  • NetKVM
  • viostor
  • vioscsi
  • qxldod
  • Balloon

VMを起動して、インストールを進めます

参考

https://pve.proxmox.com/wiki/Windows_10_guest_best_practices
https://pve.proxmox.com/wiki/Windows_VirtIO_Drivers
https://davejansen.com/recommended-settings-windows-10-2016-2018-2019-vm-proxmox/
このスクラップは2021/02/14にクローズされました
ログインするとコメントできます