Chapter 05

モジュール

Node.jsアプリケーションを整理して効率的に扱うためには複数のJavaScriptファイルに分割し、これらのファイルは必要に応じてお互いに利用できる必要があります。このJavaScriptファイルやファイルをまとめたフォルダをモジュールと呼びます。

次の例ではgreet.jsというファイルにgreet関数を作成し、module.exportsで関数をエクスポートします。

'use strict';

function greet(name) {
	console.log(`hello ${name}`);
}

module.exports = greet;

この関数をrequire関数を使用しインポートします。require関数に利用したいモジュールのファイルパスを指定し、エクスポートされた値をインポートできます。

(memo)
この時、require関数では拡張子である.jsが省略可能です。

greet関数が利用できました。

'use strict';

const greet = require('./greet');
greet('Yamada');