Chapter 06無料公開

あとがき

takanorip
takanorip
2022.08.15に更新

デザインシステムと聞くといかにも重厚長大な感じがあり身構えてしまいますが、この本で紹介したように小さく始めることも出来ます。これはどんなことにも当てはまりますが、大きな課題は小さく分解して可能なところから小さく始めることが重要です。今あるデザインと向き合い、小さなところからルールを整えていきましょう。

またデザインシステムは運用が本番と言っても過言ではありません。デザインシステムの規模に関係なく浸透や運用をサポートする仕組みも同時に構築することが重要です。プロダクト開発で利用され、フィードバックが集まり、機能追加・改善が行われるという良いスパイラルを生み出せると良いですね。

デザインシステムは持続させることがすべてです。目標を定めつつも、無理のない範囲で運用できる方法を模索していきましょう。