Chapter 01無料公開

まえがき

日本でデザインシステムという言葉が広く認知されたのは2018年頃でした。 それから数年がたち、今では世界中の様々な企業やチームが自分たちのデザインシステムを作り公開しています。 デザインシステムを自分たちで構築していくことがとても当たり前なことになりました。

しかし、デザインシステムが広まるにつれて「デザインシステムかくあるべし」のようなデザインシステムに取り組むハードルを上げる言説も多く見られるようになりました。 たしかにデザインシステムはデザインパターンやドキュメント、コンポーネントの実装など多くの要素を含んでいます。 しかし、デザインシステムには正解はありませんし、全てが完璧でなければデザインシステムでないというのはいささかやりすぎているように思います。 最適なデザインシステムは組織ごとに違うので、完全さを追い求めることに意味はありません。 不完全でも小さくても、始めることに価値があるのです。

この本ではこれからデザインシステムに取り組もうとしている人に向けて、「デザインシステム構築の始め方」を紹介します。 この本がデザインシステムに取り組むきっかけになれば嬉しいです。