Chapter 01無料公開

Foreword まえがき

takanorip
takanorip
2022.09.10に更新

30歳を越えてからキャリアについての相談をされることが多くなった。その大半は「自分はエンジニアだがデザインに興味がある。今後どうしたら良いと思う?」みたいなものだ。この悩みには非常に共感する。エンジニアのキャリアデザインの話は様々な場所でされているが、どれもプログラミング技術の向上や組織開発、マネージャーへの転向の話がほとんどでデザインについては全く取り上げられない。(プロダクトマネージャーの文脈で少し話が出るくらいだ。)もちろんエンジニア組織での評価にもデザインの要素は組み込まれていないので「デザインのことを学習しても評価されない、次のキャリアにつながらない」と悩んでいる人は多いだろう。

そこで注目を集めているのが「デザインエンジニア」という職種だ。なんだかよくわからないが「デザイン」と「エンジニア」だから自分がやりたかったことかもしれない!と思う人が増えている(かもしれない)。ソフトウェアプロダクト界隈でもデザインエンジニアと名乗る人や求人が増えてきた気がする。かくいう僕もその「デザインエンジニア」の一人だ。

本書ではデザインエンジニアとは一体何なのか、どうやったらデザインエンジニアになれるのか、デザインエンジニアの良いところ悪いところ、などなどデザインエンジニアに関することを一応現役デザインエンジニアが赤裸々に語っている。本書がデザインエンジニアへの理解を深める第一歩になれば幸いだ。