Chapter 02

環境開発の構築

riyaya1528
riyaya1528
2021.12.11に更新

環境開発とは

Javaでプラグインを作るには、プログラミングをする環境が必要です。
殆どの方はどこかで見かけたことがあると思います、あの黒い画面でその中に意味がわからない英語や数字がたくさんある以下の画面を。

開発環境を構築しないとプラグインを開発ができないので、今から作りましょう。

使用するソフトウェア

・Intellij Idea
これはJava,マインクラフトプラグインを作るのに非常に便利な統合開発環境です。
この統合開発環境は2つのエディションが存在しますが、今回はCommunity版を使います。
ダウンロードは以下のURLから

https://www.jetbrains.com/ja-jp/idea/download/#section=windows

ダウンロードが終わりましたら、実行して、インストールしてください。
インストールし終わったらソフトを起動します。
起動すると以下のようなウィンドウが表示されます。(本来は塗りつぶしてある所はありません)

そしたら初めに絶対に必須のプラグインを導入しましょう、以下の所にプラグインもしくはPluginsのタブがあるので、クリックして移動します。

プラグインタブに移動したら、以下の画像の中のMarketplaceのタブに移動し、検索ボックスの中にJapaneseMinecraft Developmentを入力し、2つ(日本語化パックとMinecraft Development)のプラグインをインストールして、ソフトウェアの再起動を行ってください。

・PaperMCサーバー
開発したプラグインをデバッグ(試す)サーバーがないと開発した意味がありません。
ダウンロードは以下のURLから

https://papermc.io/downloads
マイクラサーバーの立て方は今回の本では割愛します。