Chapter 03

ピースのタッチ

alkn203
alkn203
2022.11.14に更新

今回の目標

今回は見た目の変化はありませんが、ピースにタッチイベントを追加して、結果が分かるようにコンソールに出力させます。

15puzzle-tut-2.png

完成コード

完成コードは、以下のとおりです。

コードを見る
phina.globalize();
// 定数
var SCREEN_WIDTH = 640;            // 画面横サイズ
var SCREEN_HEIGHT = 960;           // 画面縦サイズ
var GRID_SIZE = SCREEN_WIDTH / 4;  // グリッドのサイズ
var PIECE_SIZE = GRID_SIZE * 0.95; // ピースの大きさ
var PIECE_NUM_XY = 4;              // 縦横のピース数
var PIECE_OFFSET = GRID_SIZE / 2;  // オフセット値
// メインシーン
phina.define('MainScene', {
  superClass: 'DisplayScene',
  // コンストラクタ
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // 背景色
    this.backgroundColor = 'gray';
    // グリッド
    var grid = Grid(SCREEN_WIDTH, PIECE_NUM_XY);
    // ピースグループ
    var pieceGroup = DisplayElement().addChildTo(this);
    // ピース配置
    PIECE_NUM_XY.times(function(spanX) {
      PIECE_NUM_XY.times(function(spanY) {
        // 番号
        var num = spanY * PIECE_NUM_XY + spanX + 1;
        // ピース作成
        var piece = Piece(num).addChildTo(pieceGroup);
        // Gridを利用して配置
        piece.x = grid.span(spanX) + PIECE_OFFSET;
        piece.y = grid.span(spanY) + PIECE_OFFSET;
        // タッチを有効にする
        piece.setInteractive(true);
        // タッチされた時の処理
        piece.onpointend = function() {
          console.log(this.num);
        };
        // 16番のピースは非表示
        if (num === 16) piece.hide();
      });
    });
  },
});
// ピースクラス
phina.define('Piece', {
  // RectangleShapeを継承
  superClass: 'phina.display.RectangleShape',
    // コンストラクタ
    init: function(num) {
      // 親クラス初期化
      this.superInit({
        width: PIECE_SIZE,
        height: PIECE_SIZE,
        cornerRadius: 10,
        fill: 'silver',
        stroke: 'white',
      });
      // 数字
      this.num = num;
      // 数字表示用ラベル
      this.label = Label({
        text: this.num + '',
        fontSize: PIECE_SIZE * 0.8,
        fill: 'white',
      }).addChildTo(this);
    },
});
// メイン
phina.main(function() {
  var app = GameApp({
    startLabel: 'main',
  });
  app.run();
});

runstantプロジェクト

https://runstant.com/alkn203/projects/dea18292

コード説明

タッチイベントの追加

ピース作成時の処理を以下のように変更します。

// ピース配置
PIECE_NUM_XY.times(function(spanX) {
  PIECE_NUM_XY.times(function(spanY) {
    // 番号
    var num = spanY * PIECE_NUM_XY + spanX + 1;
    // ピース作成
    var piece = Piece(num).addChildTo(pieceGroup);
    // Gridを利用して配置
    piece.x = grid.span(spanX) + PIECE_OFFSET;
    piece.y = grid.span(spanY) + PIECE_OFFSET;
    // タッチを有効にする
    piece.setInteractive(true);
    // タッチされた時の処理
    piece.onpointend = function() {
      console.log(this.num);
    };
    // 16番のピースは非表示
    if (num === 16) piece.hide();
  });
});
  • phina.jsでオブジェクトのタッチを有効にするためには、obj.setInteractive(true)と設定します。今回は、ピース配置時に有効にしますので、piece.setInteractive(true)を追加します。
  • タッチを有効にしましたが、通常プログラムで使うためにはタッチイベントを拾う必要があります。そこで、ピースに対してonpointend関数を追加し、タッチ時の処理を記述します。今回は動作確認用にタッチされたピースの数字をコンソールに出力するようにしています。
  • 良く使うタッチイベントは、以下の3種類があります。それぞれ書き換えてみて動作確認すると、違いが分かるかと思います。
タッチイベントの種類 発動条件
onpointstart タッチ開始時
onpointmove タッチ中(移動含む)
onpointend タッチが離れた時