Chapter 02

GitLab導入手順

neruo
neruo
2021.10.12に更新

この章では、dockerを利用してGitLabをインストールする方法をご紹介します。

実行環境

  • ホストOS: Ubuntu18.04 (bash)
  • コンテナOS: Ubuntu20.04 (use docker)
  • docker version: 20.10.6
  • GitLab-CE version: 13.11.3-ce.0

Install 手順

dockerイメージを構築

はじめに、Dockerfileを準備します。公式で用意されているdockerイメージがありますが、提供されているコンテナOSがUbuntu16.04のため、一から構築します。

Dockerfile
FROM ubuntu:20.04

# Set up ubuntu
ENV DEBIAN_FRONTEND=noninteractive
RUN set -x \
   && apt-get update && apt-get upgrade -y \
   && apt-get install -y --no-install-recommends \
      tzdata \
      language-pack-ja \
      wget \
      curl \
      ca-certificates \
      git \
      neovim \
      && update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 \
      && apt-get -y clean \
      && rm -rf /var/lib/apt/lists/*
ENV TZ Asia/Tokyo
ENV LANG ja_JP.UTF-8
ENV LANGUAGE ja_JP:ja
ENV LC_ALL ja_JP.UTF-8

# Install required packages & gitlab-ce
ENV DEBIAN_FRONTEND=noninteractive
RUN set -x \
   && apt-get update \
   && curl -SL https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.deb.sh |  bash \
   && apt-get install -y --no-install-recommends \
      openssh-server \
      perl \
      postfix \
      gitlab-ce=13.11.3-ce.0 \
      && apt-get -y clean \
      && rm -rf /var/lib/apt/lists/*
WORKDIR /root

次に作成したdockerfileからdockerイメージを構築します。以下のコマンドをshellで実行してください。構築したdockerイメージの容量は約2.5GBになります。

docker build -t gitlab-ce/ubuntu20.04:13.11.3-ce.0 .

dockerコンテナを構築

dockerはコンテナを立ち上げるときに、ホストOSとの共有フォルダを設定することができます。GitLabに蓄積されたデータをバックアップ・リストアしやすいように、共有フォルダを設定するようにしましょう。ここでは環境変数を設定した上で、コンテナを立ち上げています。

export GITLAB_HOME=$HOME/gitlab
mkdir -p $GITLAB_HOME
docker run -it \
   -p 443:443 -p 80:80 -p 22:22 \
   --name gitlab-ce \
   --restart always \
   -v $GITLAB_HOME/config:/etc/gitlab \
   -v $GITLAB_HOME/logs:/var/log/gitlab \
   -v $GITLAB_HOME/data:/var/opt/gitlab \
   gitlab-ce/ubuntu20.04:13.11.3-ce.0 \
   /bin/bash

GitLabの構築と起動

GitLabには、root権限を持つユーザーが実行できるgitlab-ctlと呼ばれる管理コマンドがあります。このコマンドを使用してGitLabを起動します。構築したdockerコンテナ内で次のコマンドを実行してください。

gitlab-ctl reconfigure
gitlab-ctl start

GitLabの起動を確認

defaultでは、http://localhost:80からGitLabへアクセスできるようになっています。ブラウザから上記URLにアクセスすると管理者用パスワードの登録が求められるので、8文字以上の文字列を入力し登録してください。登録後、GitLabのログイン画面に自動遷移するので、ログインできるか確認してみてください。管理者のユーザ名はrootです。これで導入は完了です。

GitLabのログイン画面


https://about.gitlab.com/install/#ubuntu

https://docs.gitlab.com/ee/topics/offline/quick_start_guide.html

https://docs.gitlab.com/ee/install/next_steps.html

https://docs.gitlab.com/omnibus/maintenance/