Chapter 02

はじめに

Shinya Fujino
Shinya Fujino
2022.01.07に更新
このチャプターの目次

デザインパターン入門


はじめに

デザインパターンは、ソフトウェア設計において繰り返し現れる問題に対する典型的な解決策を提供するものであることから、ソフトウェア開発の基礎であるといえます。デザインパターンは、特定のソフトウェアを提供するわけではなく、繰り返し現れるテーマを最適な方法で処理するために使用可能な概念というほどのものです。

ここ数年で、Web 開発のエコシステムは急速に変化しています。よく知られたデザインパターンの中には以前ほどの価値がなくなってしまったものもありますが、最新の技術によりモダンな問題を解決するために進化してきたものもあります。

Facebook の JavaScript ライブラリである React は、過去 5 年間で大きな支持を集め、AngularVueEmberSvelte といった競合する JavaScript ライブラリと比較して、現在 NPM で最もダウンロードされているフレームワークとなっています。React の人気により、デザインパターンも修正・最適化されていっており、現在のモダンな Web 開発のエコシステムにおいて価値を提供するために新しいものも作成されています。React の最新バージョンでは、Hooks という新しい機能が導入されました。これは、アプリケーションの設計において非常に重要な役割を果たし、従来のデザインパターンの多くを置き換えることができます。

現代の Web 開発には、多くの種類のパターンがあります。このプロジェクトでは、ES2015+ を使った一般的なデザインパターンの実装、その利点と落とし穴、React 特有のデザインパターン、その変更可能性やフックを使った実装、そしてモダンな Web アプリケーションの改善に役立つ多くのパターンと最適化について説明していきます!