このチャプターの目次

概要

Phoenixは、サーバー側のModel View Controller(MVC)パターンを実装するElixir製のWeb開発フレームワークです。 そのコンポーネントと概念の多くは、Ruby on RailsやPythonのDjangoのような他のWebフレームワークの経験がある私たちにとっては馴染みのあるものです。

Phoenixは、「開発者の高い生産性」と「高いアプリケーションパフォーマンス」を両立します。 また、リアルタイム機能を実装するためのチャネルや、非常に高速なプリコンパイル済みテンプレートなど、いくつかの興味深い新しい工夫が施されています。

すでにElixirに精通している場合は、それはすばらしいことです!そうでない場合は、学ぶべき場所がいくつかあります。 ElixirガイドElixir学習リソースページは学び始めるのにうってつけの場所です。

現在ご覧になっているガイドでは、Phoenixを作るすべてのパーツの概要をご紹介しています。ここでは、ガイドで提供するものの概要をご紹介します。

  • はじめに - あなたが現在読んでいるガイドです。これらのガイドでは、最初のアプリケーションを起動して実行する方法を説明します。

  • ガイド - PhoenixとPhoenixアプリケーションの主なコンポーネントを網羅した詳細なガイド

  • リアルタイム・コンポーネント - Phoenix標準のリアルタイム・コンポーネントを網羅した詳細なガイド

  • テスト - テストに関する詳細なガイド

  • デプロイメント - デプロイメントに関する詳細なガイド

  • How-to's - Phoenixで特定のことを達成する方法についての記事集

これらのガイドをEPUBとして読みたい場合、こちらをクリックしてください!

これらのガイドは、Phoenixのステップバイステップの入門書ではないことに注意してください。フレームワークを学ぶためのより体系的なアプローチが必要な場合は、大規模なコミュニティがあり、多くの書籍、コース、スクリーンキャストが利用できます。完全なリストはコミュニティページを参照してください。

それでは、Phoenixをインストールしましょう