このチャプターの目次

いかがでしたか?

オブジェクト指向CSS(OOCSS)は、使いこなせるようになると、個人開発でもチーム開発でも、非常にスムーズに開発とメンテナンスを行うことができます。

もちろん、エンジニアによっては

「CSSのセレクタが増える」

「HTMLのclass属性が増える」

などの意見を持つ人もいますが、CSSの設計方法には、オブジェクト指向CSS(OOCSS)だけではなく、BEMやSMACSSといった方法もあり、それぞれのメリットとデメリットを比較し、開発環境などに応じて、適切なCSS設計方法を選択するのが、良いとされています。

本書では、オブジェクト指向CSS(OOCSS)の内容にフォーカスした内容なので、BEMやSMACSSには詳しくは触れませんが、用語としてはオブジェクト指向CSS(OOCSS)と一緒によく見かけるものになりますので、知っておくと便利です。

オブジェクト指向という考え方は、CSSだけではなく、様々な言語にも適用されていますので、

  • 再利用性の高さ
  • メンテナンス性の高さ

この2つのメリットを、オブジェクト指向CSS(OOCSS)や、そのほかのCSS設計方法では、特に重要視していると知っておくと良いでしょう。

そして、上記2つの重要なメリットを実現するために、

  • コンポーネントの考え方
  • コンテナーとコンテンツの分離
  • 構造とスキンの分離

これら3つを意識すると、オブジェクト指向CSS(OOCSS)に沿ったCSS設計を書くことができるということも、覚えておきましょう。

参考ソース