🖥

Nuxt3 / Vue3 – util で Fetch の処理を共通化する

2023/09/01に公開

内容

  • utils に共通処理を置いて Vue ファイルから呼び出す
  • fetch の結果として 呼び出し側の data を書き換えるには then の中で処理する必要があるので、 共通関数の引数として data を渡してしまう

呼び出し側

Foo.vue

<script lang="ts" setup>

const errors = ref([])
const result = ref([])

fetchFoo({result: result, errors: errors})

</script>

Util

utils/fetchFoo.ts

export const fetchFoo = ({result: result, errors: errors}) => {
  let httpStatus = 0

  const fetchURL = new URL(`/path/to/api`)

  const fetched = fetch(fetchURL, {
    method: "GET",
    headers: {
      'Content-Type': 'application/json',
    },
  })
    .then((response) => {
      httpStatus = response.status
      return response.json()
    })
    .then((response_json) => {
      if (httpStatus == 200) {
        result.value = response_json["result"]
      } else if (response_json['errors']) {
        errors.value = response_json['errors']
      } else {
        errors.value = ["データ取得でエラーが発生しました"]
      }
    })
    .catch((_error) => errors.value = ["接続でエラーが発生しました"]);
}

チャットメンバー募集

何か質問、悩み事、相談などあればLINEオープンチャットもご利用ください。

https://line.me/ti/g2/eEPltQ6Tzh3pYAZV8JXKZqc7PJ6L0rpm573dcQ

Twitter

https://twitter.com/YumaInaura

公開日時

2023-03-03

Discussion