👏

Vimのノーマルモードへの変更を jkに設定しよう

2022/12/14に公開約800字

Vimのモード変更の難点

Vimのモード変更は

<Esc>

or

 <ctrl> + [

を押す必要がある。

しかし、両方ともキーボードのホームポジションから両手を離す必要があるので、編集効率を重視するVimのメリットを削ぐ仕様になっている。

なので、jj などのキーバインドでモード変更できるようにしている人が多い。

僕の場合は jk をモード変更のキーバインドに設定している。

ホームポジションから離れる必要がないため、変更してからはとても気分良くVimを使えている。

jk でのモード変更をする方法

inoremap jk <ESC>

↑を.vimrcに記述する。これで jk の連続入力によって、インサートモードからノーマルモードに移行できる。

上記のコードを記述した .vimrcをホームディレクトリに置くことで設定を有効にできる

一応ですが、.vimrcの作成方法と編集方法を記しておきます。
もし、すでに.vimrcが存在する場合はtouchコマンドでの.vimrcファイルの作成は不要です。
.vimrc の作成と編集 コマンド例

/* .vimrcをホームディレクトリに作成 */
touch ~/.vimrc 
/* .vimrcをvimで編集 */
vim ~/.vimrc 

これのデメリットはjと打ってから、jに確定するまで少し時間がかかるということだ。

まぁ、慣れれば大丈夫だし、指をホームポジションから離さなくて良いというメリットに比べれば、気にならないデメリットだ。

これを読んでjkでのモード変更を知りました。

もうこれでVIM学習は最後にしよう! VIMチュートリアルと入門

Discussion

ログインするとコメントできます