📘

Python、Lambda、API GatewayでLINEチャットBotを作る

2022/05/10に公開約3,200字

今回はline-bot-sdk-pythonを使わずにAWSのLambdaとAPI Gatewayでオウム返しLINEチャットボットを作ったので投稿します。AWS初心者が初めてのLambdaとAPI Gatewayに挑みました。

LINE Developersへのチャネル登録

https://developers.line.biz/ja/services/messaging-api/

を開いて「今すぐはじめよう」を押してチャンネルを作成してください。

AWS Lambdaの関数の作成

Lambdaの画面に遷移して関数を一から作成しましょう。
スクリーンショット 2021-04-13 16.28.13.png
関数名はLINEBot、ランタイムはPython 3.8 にします。そして関数の作成を押しましょう。

あとLambdaの環境設定を編集しましょう

スクリーンショット 2021-04-13 16.40.34.png

値のところにMessaging APIのChannel access token(めちゃくちゃ長いやつ)をコピペして保存してください。

ここから「lambda_function.py」を編集して実際にコードを書いていきます。

lambda_function.py の編集

lambda_function.py
import logging

import os
import urllib.request
import json

logger = logging.getLogger()
logger.setLevel(logging.INFO)

def lambda_handler(event, context):
    
    logger.info(event)
    
    # JSON文字列をPythonオブジェクトに変換してをeventsをループで回す
    for message_event in json.loads(event['body'])['events']:
        
        logger.info(json.dumps(message_event))
        
        url = 'https://api.line.me/v2/bot/message/reply'

        # リクエストヘッダー
        headers = {
            'Content-Type': 'application/json',
            'Authorization': 'Bearer ' + os.environ['ACCESSTOKEN']
        }
        # リクエストボディ
        data = {
            'replyToken': message_event['replyToken'],
            'messages': [
                {
                    "type": "text",
                    "text": message_event['message']['text'],
                }
            ]
        }
        req = urllib.request.Request(url=url, data=json.dumps(data).encode('utf-8'), method='POST', headers=headers)
        
        with urllib.request.urlopen(req) as res:
            
            logger.info(res.read().decode("utf-8"))

loggerはCloud Watchでlogを出力しているのでなくてもいいです!

https://developers.line.biz/ja/reference/messaging-api/#send-reply-message
公式に下記のような方法でPOSTリクエストすれば良いと書いてありました。
HTTPリクエスト POST 
https://api.line.me/v2/bot/message/reply

リクエストヘッダー
Content-Type application/json
Authorization Bearer {channel access token}

リクエストボディ
replyToken Webhookで受信する応答トークン
messages 送信するメッセージ

そしてオウム返しするには下記のような構造になっていたので

"events":[{
"replyToken":"xxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
"message":{"type":"text","id":"xxxxxxxxxxxxxxx","text":"こんにちは"}
}]

<strong>"text": message_event['message']['text']</strong>でオウム返しできる。

API Gatewayの設定

image.png

Lambdaの先ほど作成したLINEBotの「関数の概要」より、「トリガーを追加」ボタンを押します。「トリガーを選択」では「API GateWay」、「APIを作成する」をそれぞれ選択し、APIタイプは「HTTP」を選択します。セキュリティは今回は「オープン」を選択します。ここまでできたら「追加」ボタンを押します。

LINE.jpg

そして作成したトリガーのAPIエンドポイントをコピーしてMessaging APIのWebhookのURLに貼り付けます。

完成

IMG_6552.jpg

そうするとこのようにオウム返しチャットbotの完成です !!

参考文献

https://qiita.com/taku-0728/items/c80bcf65aba318ac6db0

https://blog.5000164.jp/2017/8/14/line-bot/

Discussion

ログインするとコメントできます