🔨

GoogleAuthenticatorをソースからビルドしてみよう

2022/02/05に公開約1,600字1件のコメント

はじめに

二段階認証のパスコードに Google Authenticator を利用している人も多いと思います。

https://apps.apple.com/us/app/google-authenticator/id388497605
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2

Google Authenticator for Android のオープンソース版があります。

https://github.com/google/google-authenticator-android

今回はこのオープンソース版を試してみます。
結論として、実機で動作確認までできましたが、問題があって未解決の状態です。

README に書いてある通りですが、順に見ていきます。

動作確認環境

  • Mac mini M1 2020
  • Android Studio Arctic Fox 2020.3.1 Pathc 3
  • Homebrew 3.2.16
  • Bazel 4.2.1-homebrew

環境構築

Android Studio

Download Android Studio -> Mac with Apple chip から M1対応版をダウンロードできます。

https://developer.android.com/studio

Bazel

M1対応済みを、 Homebrew 経由でインストールできます。

https://docs.bazel.build/versions/main/install-os-x.html#install-on-mac-os-x-homebrew

ソースを取得

GitHub からソースを取得します。

パスを通す

ANDROID_HOME として Android SDK のパスを通します。
以下のようにパスを認識していれば大丈夫です。

% echo $ANDROID_HOME
/Users/ykws/Library/Android/sdk

実機インストール

Bazel を利用してビルドして、実機にインストールします。

以下、 // 以下も含めて全て入力するのが正しいです。

% bazel mobile-install //java/com/google/android/apps/authenticator

動作確認

実機インストール後にフリーの OTP QR 生成サイトで動作確認します。

https://freeotp.github.io/qrcode.html

バーコードをスキャンからカメラを起動し、サイトの QR コードを読み取るとアカウントが追加され、ワンタイムパスワードを生成できるようになります。

問題

サイト上で生成するパラメータ(桁数、SHA、Counter or Timeout)を変更しても、生成されるパスコードが全く同じなので、アプリ側でパラメータを調整可能になっていない可能性があります。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます