【HowTo】CentOSの初期設定手順

公開:2020/12/30
更新:2020/12/31
1 min読了の目安(約1400字TECH技術記事

Overview

  • CentOSを立ち上げた時に、いつもやっている初期設定手順

ホスト名設定

hostnamectl set-hostname {HOSTNAME}

Network設定

nmcli con show  # 設定対象のコネクションを確認

CONN="eth0"

nmcli con mod ${CONN} ipv4.address "192.168.1.1/24"     # ipアドレス / サブネットマスクの設定
nmcli con mod ${CONN} ipv4.gateway "182.168.1.254"      # デフォルトゲートウェイの設定
nmcli con mod ${CONN} ipv4.dns "8.8.8.8"                # DNSの設定
nmcli c modify ${CONN} ipv4.method manual               # DHCPを使用しない。という設定。
nmcli con mod ${CONN} connection.autoconnect yes        # このConnectionを立ち上げ時に Deviceに接続する。という設定。
nmcli con reload ${CONN}                                # 変更を反映させる。

Proxy設定

PROXY="http://proxy.com:8000"

echo <<EOF > /etc/profile.d/proxy.sh
source http_proxy="${PROXY}"
source HTTP_PROXY="${PROXY}"
source https_proxy="${PROXY}"
source HTTPS_PROXY="${PROXY}"
source no_proxy="127.0.0.1,localhost"
EOF

echo 'proxy=${PROXY}' >> /etc/dnf/dnf.conf

セキュリティ無効化(localのsecureな環境のみ)

SELinux

test -r /etc/selinux/config && sudo su -c '(grep -q ^SELINUX=enforcing /etc/selinux/config && { sed "s/^\(SELINUX=\)\(enforcing\)/$(date +\#\ \%Y\%m\%d\ \#)\1\2\n\1disabled/g" $_ -i_$(date +\%Y\%m\%d_\%H\%M\%S).backup ; setenforce 0 ; })'

Firewall

systemctl stop firewalld; systemctl disable firewalld

sudoが使えるユーザ作成

passwd user             # ユーザ userを追加 
user123                 # パスワード入力 
user123                 # 再入力 
usermod -aG wheel user  # userをwheelグループにする

finish