🔥

ExpressでTailwind CSS書き方教室

2022/07/12に公開約2,200字

tailwindCSSのインストールと設定

昨今、流行っているtailwindCSSをExpressに組み込んでみます。他にもCDNやPostCSS等インストール方法がありますが、Expressと一番相性のいいインストール方法を紹介します。

powershell
md tailwindscss
cd tailwindscss
md src
md public 
md views
powershell
npm init -y 
npm install express tailwindcss pug express-handlebars
npx tailwindcss init

tailwind.config.jsができます。開きます。

pugをexpressで利用する場合はこんな感じにします。

tailwind.config.js
module.exports = {
  content: ['./views/**/*.pug'],
  theme: {
    extend: {},
  },
  plugins: []
}

static(html)とhbs(Handlebars)をexpressで利用する場合はこんな感じ

tailwind.config.js
module.exports = {
  content: ['./public/**/*.html','./views/**/*.hbs'],
  theme: {
    extend: {},
  },
  plugins: []
}

直接input.cssを使わないのでoutput.cssを作成しcssファイルを、pug,hbs,statics_htmlに読み込ませるようビルドします。baseクラス、componentsクラス、utilitiesクラスを、変換してcssにします。

src/input.css
@tailwind base;
@tailwind components;
@tailwind utilities;

確認するためのpublic/index.htmlを作成します。cssの出力パスを記載し確認用のtailwind用classを記載します。

public/index.html
 <!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <link href="css/tailwind.css" rel="stylesheet" />
  </head>
  <body>
    <h1 class="text-3xl font-extrabold underline text-blue-900">Hello world!</h1>
  </body>
</html>
powershell
npx tailwindcss ./src/input.css -o ./public/css/tailwind.css --watch

ビルドされたらpublic/index.htmlを確認します。underlineがひかれていればcssが通っています。

Tailwind CSS Hello

  <h1 class="text-3xl font-bold underline">
    Hello world!
  </h1>

Tailwind CSS Container
コンテナーを中央に配置するときは、以下のように書きます。

<div class="container mx-auto bg-yellow-200">
  <h1 class="text-3xl font-bold underline">
    Hello world!
  </h1>
</div>

Tailwind CSS columns

<div class="container mx-auto">
  <div class="columns-3">
    <img src="https://loremflickr.com/520/240/random=1" />
    <img src="https://loremflickr.com/520/240/random=2" />
    <img src="https://loremflickr.com/520/240/random=3" />
  </div>
</div>

Discussion

ログインするとコメントできます