🕶

【Tailwind和訳】FILTERS/Hue Rotate

2021/10/24に公開約1,900字

この記事について

この記事は、FILTERS/Hue Rotateの記事を和訳したものです。

記事内で使用する画像は、公式ドキュメント内の画像を引用して使用させていただいております。

Grayscale (v2.1+)

要素にグレースケールフィルタを適用するためのユーティリティーです。

クラス プロパティ
grayscale-0 --tw-grayscale: grayscale(0);
grayscale --tw-grayscale: grayscale(1);

使い方

要素をグレースケールまたはフルカラーでレンダリングするかどうかを決定するには、filterユーティリティーと一緒にgrayscaleおよびgrayscale-0 ユーティリティーを使用します。

<div class="filter grayscale ...">
  <!-- ... -->
</div>

レスポンシブ

特定のブレークポイントで要素のグレースケール・フィルタを制御するには、既存のグレースケール・ユーティリティーに {screen}: というプレフィックスを追加します。例えば、md:grayscale-0 を使用すると、中程度の画面サイズ以上でのみgrayscale-0 ユーティリティが適用されます。

<div class="filter grayscale md:grayscale-0 ...">
  <!-- ... -->
</div>

Tailwind のレスポンシブデザイン機能についての詳細は、レスポンシブデザインのドキュメントをご覧ください。

カスタマイズ

tailwind.config.js ファイルの theme セクションにある grayscale キーを使って、どのgrayscaleユーティリティーを生成するかをカスタマイズすることができます。

  // tailwind.config.js
  module.exports = {
    theme: {
+     extend: {
+       grayscale: {
+         50: '50%',
+       }
+     }
    }
  }

デフォルトのテーマをカスタマイズする方法については、テーマのカスタマイズに関するドキュメントを参照してください。

バリアント

デフォルトでは、グレイスケールユーティリティーにはレスポンシブバリアントのみが生成されます。

tailwind.config.js ファイルの variants セクションにある grayscale プロパティを変更することで、グレースケールユーティリティのために生成されるバリアントをコントロールすることができます。

例えば、この設定はホバーとフォーカスのバリアントも生成します。

  // tailwind.config.js
  module.exports = {
    variants: {
      extend: {
        // ...
+       grayscale: ['hover', 'focus'],
      }
    }
  }

無効化

グレースケールユーティリティをプロジェクトで使用する予定がない場合は、設定ファイルの corePlugins セクションでgrayscaleプロパティを false に設定することで、完全に無効にすることができます。

  // tailwind.config.js
  module.exports = {
    corePlugins: {
      // ...
+     grayscale: false,
    }
  }

Discussion

ログインするとコメントできます