🚀

【Next.js和訳】API Reference/next.config.js/Ignoring ESLint

1 min read

この記事について

株式会社 UnReact はプロジェクトの一環としてNext.js ドキュメントの和訳を行っています。

この記事は、next.config.js/Ignoring ESLintの記事を和訳したものです。

記事内で使用する画像は、公式ドキュメント内の画像を引用して使用させていただいております。

Ignoring ESLint

プロジェクトで ESLint が検出されると、Next.js はエラーがある場合に production build (next build) に失敗します。

アプリケーションに ESLint のエラーがあっても Next.js が本番コードを生成するようにしたい場合は、組み込みのリンティングステップを完全に無効にすることができます。ただし、ワークフローの別の部分(CI やプレコミットフックなど)で ESLint が実行されるように設定されている場合を除き、この方法はお勧めできません。

next.config.js を開き、eslint の設定で ignoreDuringBuilds オプションを有効にします。

module.exports = {
  eslint: {
    // 警告 : これにより、プロジェクトにESLintのエラーがあっても、本番のビルドが正常に完了するようになります。
    // プロジェクトにESLintのエラーがあっても、本番のビルドが正常に完了します。
    ignoreDuringBuilds: true,
  },
}

関連

https://nextjs.org/docs/api-reference/next.config.js/introduction

https://nextjs.org/docs/basic-features/eslint

Discussion

ログインするとコメントできます