🚀

【Next.js和訳】Basic Features/Static File Serving

2021/10/02に公開約1,000字

この記事について

この記事は、Basic Features/Static File Servingの記事を和訳したものです。

静的ファイルサービング| Static File Serving

Next.js では、画像などの静的なファイルを、ルートディレクトリ内の public というフォルダに格納して提供することができます。public 内のファイルは、ベース URL(/)を起点にコードから参照することができます。

例えば、public/me.png に画像を追加した場合、次のようなコードで画像にアクセスできます。

import Image from "next/image"

function Avatar() {
  return <Image src="/me.png" alt="me" width="64" height="64" />
}

export default Avatar

このフォルダは、robots.txtfavicon.ico、Google サイト検証、およびその他の静的ファイル(.html を含む)にも役立ちます。

Discussion

ログインするとコメントできます