🗞

【Shopify.dev和訳】Apps/Subscriptions/Overview

2021/09/17に公開約10,200字

この記事について

この記事は、Apps/Subscriptions/Overviewの記事を和訳したものです。

記事内で使用する画像は、公式ドキュメント内の画像を引用して使用させていただいております。

Shopify アプリのご紹介

Shopify アプリである、「商品ページ発売予告アプリ | リテリア Coming Soon」は、商品ページを買えない状態のまま、発売日時の予告をすることができるアプリです。Shopify で Coming Soon 機能を実現することができます。

https://apps.shopify.com/shopify-application-314?locale=ja&from=daniel

Shopify アプリである、「らくらく日本語フォント設定|リテリア Font Picker」は、ノーコードで日本語フォントを使用できるアプリです。日本語フォントを導入することでブランドを演出することができます。

https://apps.shopify.com/font-picker-1?locale=ja&from=daniel

サブスクリプションアプリの構築

サブスクリプションアプリは、開発者や販売者が Shopify のチェックアウトに直接サブスクリプション体験を構築することを可能にします。Subscription APIs を使用して、商品やサービスを複数の方法で販売することができます。

私たちのドキュメントとチュートリアルを使用して、探索と構築から発売まで、サブスクリプションアプリ作成プロセスのすべての側面に精通することができます。

  1. 探索 - サブスクリプションを使用するアプリを構築するための要件を確認します。
  2. 構築 - スタートアップガイドに従って、サブスクリプションアプリを作成します。
  3. 起動 - 起動チェックリストに従って、アプリを Shopify App Store に提出します。

要件

サブスクリプションを使用するアプリを構築するための要件は、構築しているアプリの種類によって異なります。

  • パブリックアプリは、Shopify App Store で公開するための特定の要件を満たす必要があります。
  • カスタムアプリPartner Dashboardから Subscription APIs へのアクセスを要求できます。お客様のアプリが、弊社の文書化された原則とパターンに従って設計されている限り、アクセスを受けることができます。
  • プライベートアプリ : プライベートアプリは、拡張機能を使用したり、保護されたスコープへのアクセスを要求したりすることができないため、サブスクリプションを使用することはできません。単一のストア向けのソリューションを構築する場合は、カスタムアプリを使用してください。

Subscription APIs の使用への移行

すでに購読アプリをお持ちで、Subscription APIs を使用するために移行する必要がある場合は、Subscription API 移行ガイドを参照してください。

既存のサブスクリプションアプリが Stripe を使用してサブスクリプションの支払いを処理している場合は、クレジットカードを移行する必要なく、pay-as-you-go 契約を Shopify に直接インポートすることができます。詳細については、Migrating existing subscription contracts to Shopifyを参照してください。


禁止されたアクション

このセクションでは、Subscription APIs の使用に関連する禁止行為を指定します。このリストは完全なものではなく、いつでも更新される可能性があります。

  • カードの保管 : 特定の商品の定期的な支払いを処理する以外の目的でカードを保管することはサポートされていません。
  • 過剰請求 : 顧客のカードに対する請求は、契約で指定された方法でのみ行うことができます。どのカードに対しても過剰請求をしないでください。
  • 不適切な契約の更新 : サブスクリプション契約は、お客様が同意した内容を反映するためにのみ更新する必要があります。
  • 不明瞭な契約 : お客様が何に同意しているのかを明確にする必要があります。ストアフロントでは、契約の条件を明示する必要があります。
  • 古くなった契約 : Shopify では契約が古くならないようにしましょう。お客様が契約内容の変更に同意したら、すぐに Shopify で更新を反映させる必要があります。これは、販売者が特定のサブスクリプションプロバイダーにロックされないことを保証するのに役立ちます。
  • サブスクリプション契約のない販売プラン : サブスクリプション契約を処理せずに、追加の価格コントロールだけを行う手段として販売プランを作成しないでください。
  • サポートされていない利用方法 : API はサブスクリプションをサポートするために構築されています。分割払い、取り置き、予約注文など、他のビジネスユースケースを解決するために API を使用しないでください。

これらの禁止事項に従わない場合は、Shopify の API 規約に違反することになります。これらの禁止事項は随時更新される可能性がありますので、お客様に影響を与える可能性のある変更があった場合はご確認ください。


既知の制限事項

いくつかの制限事項がありますので、ご注意ください。

  • 定期購入の価格や配送料を割り引くスクリプトは、最初の支払いにのみ適用されます。
  • 定期購入の支払いにギフトカードを使用した場合、初回の支払いにのみ適用されます。
  • 定期購入を利用するには、販売者はShopify PaymentsPayPal Express、またはAuthorize.netを決済ゲートウェイとして使用する必要があります。
  • お客様は定期購入を購入するために、高速化されたチェックアウトローカルの支払い方法を使用することはできません。
  • 定期購入は、ローカル配送ローカルピックアップのオプションをサポートしていません。
  • 販売者は Shopify POS を通じて定期購入を販売することはできませんが、年内にサポートを追加する予定です。
  • サブスクリプションは「X を買うと Y がもらえる」という割引には対応していません。
  • 販売プランのタイトルは、多言語のストアフロントの翻訳をサポートしていません。
  • 下書き注文を使用した定期購入の販売はサポートされていませんが、今年の後半にサポートを予定しています。
  • Order Edits API は、サブスクリプションをサポートしていません。

製品ロードマップ

いくつかの定期購入機能は開発中で、今年の後半に提供開始される予定です。以下に、ロードマップに掲載されている機能と、提供開始予定日を示します。これらの日付は変更される可能性がありますが、現時点での最善の予測です。

機能 目標発売日
(Plus) Checkout.liquid 対応 2021 年 2 月より提供開始
(Plus) Shopify Scripts をサポートするスクリプトエディタアプリ
Note新しい Shopify Scripts 体験は現在ベータ版として提供されています。
2021 年 2 月より提供開始
ギフトカードでの定期購入の支払いが可能になりました 2021 年 2 月より提供開始
定期購入と 1 回限りの購入を含むカートの送料計算の改善 2021 年 4 月より提供開始
ゲートウェイの追加 : PayPal Express 2021 年 5 月より提供開始
追加のゲートウェイ : Authorize.net 2021 年 6 月より提供開始
Storefront API 2021 年 7 月より提供開始
ウォレットのサポート : Shop Pay, Apple Pay Q3 2021
ウォレットのサポート : G Pay Q4 2021
追加のゲートウェイ ストライプ : Stripe Q4 2021
現地集荷 H2 2021
現地での配送 H2 2021
CSV エクスポート H2 2021
ドラフトオーダー H1 2022
Shopify POS H1 2022

よくある質問

従来のサブスクリプションアプリの機能に依存している販売者がいますが、新しい API の制限事項が現在解決されていない場合はどうしたらいいですか?

既存のインストールは、現時点ではお客様のアプリを使用し続けることができます。すべての新規インストール、アプリ、機会は、新しい Subscription APIs を使用する必要があります。今後数ヶ月の間に、上記のようにサブスクリプションの機能やサポートをさらに充実させていく予定です。

サブスクリプションの詳細はどこで確認できますか?

サブスクリプションの詳細については、パートナーブログの記事を参照してください。ここでは、なぜこの機能を構築したのか、その背景について説明しています。

私たちは常に API に対するフィードバックを求めています。Subscription APIs に関する具体的なご質問、ご意見、ご感想などがございましたら、Subscriptions API フォーラムをご覧ください。


次のステップ

Shopify アプリのご紹介

Shopify アプリである、「商品ページ発売予告アプリ | リテリア Coming Soon」は、商品ページを買えない状態のまま、発売日時の予告をすることができるアプリです。Shopify で Coming Soon 機能を実現することができます。

https://apps.shopify.com/shopify-application-314?locale=ja&from=daniel

Shopify アプリである、「らくらく日本語フォント設定|リテリア Font Picker」は、ノーコードで日本語フォントを使用できるアプリです。日本語フォントを導入することでブランドを演出することができます。

https://apps.shopify.com/font-picker-1?locale=ja&from=daniel

Discussion

ログインするとコメントできます