🏬

【Shopify.dev和訳】Apps/Shopify App Store/Requirements

2021/11/26に公開約52,400字

この記事について

この記事は、Apps/Shopify App Store/Requirementsの記事を和訳したものです。

記事内で使用する画像は、公式ドキュメント内の画像を引用して使用させていただいております。

Shopify アプリのご紹介

Shopify アプリである、「商品ページ発売予告アプリ | リテリア Coming Soon」は、商品ページを買えない状態のまま、発売日時の予告をすることができるアプリです。Shopify で Coming Soon 機能を実現することができます。

https://apps.shopify.com/shopify-application-314?locale=ja&from=daniel

Shopify アプリである、「らくらく日本語フォント設定|リテリア Font Picker」は、ノーコードで日本語フォントを使用できるアプリです。日本語フォントを導入することでブランドを演出することができます。

https://apps.shopify.com/font-picker-1?locale=ja&from=daniel

Shopify での公開アプリの要件

以下の要件は、Shopify ですべての公開アプリを審査するために使用されます。これらの要件は、リストアップされたアプリとリストアップされていないアプリの両方に共通しています。これらの要件は、ブランディング、インストール、オンボーディング、機能性、品質など、アプリのライフサイクル全体で最高の体験を提供することを目的としています。これに従うことで、自分のアプリを提出する際の審査プロセスをできるだけ迅速に行うことができます。

販売チャネルアプリなどの一部のアプリタイプは、その構成に応じて追加の要件を満たす必要があります。これらの要件は、以下の「特定のアプリ構成に対する固有の要件」で確認できます。

すべてのアプリの一般的な要件

このセクションの要件は、リストアップされたパブリックアプリとリストアップされていないパブリックアプリの両方に適用されます。アプリの構成によっては、以下の「特定のアプリ構成に対する固有の要件」のセクションの要件を満たす必要があります。

1. 禁止および制限されたアプリの設定

Shopify App Store で許可されていないアプリや、可視性を「非掲載」に設定しなければならないアプリがあります。

禁止されているアプリの種類
以下のアプリタイプは Shopify App Store で許可されていません。

  1. コンピュータにダウンロードする必要のあるスタンドアロンのソフトウェアであるアプリ - Shopify App Store の配布方法はウェブアプリケーションを使用しています。Shopify App Store の配布方法はウェブアプリケーションを使用しています。現在、マーチャントに安全かつセキュアに他のタイプのアプリを配布するためのインフラがありません。
  2. 主にマーチャントやパートナーとのやり取りに依存しているアプリ - 主に人と人とのやり取りに依存しているアプリは、私たちのエキスパートマーケットプレイスにサービスとして掲載することを検討してください。
  3. Shopify の API をほとんど、または全く使用していないアプリ - Shopify App Store に提出するアプリは、機能するために Shopify API を効率的に使用する必要があります。これは、直接ショップのデータを使用することでマーチャントエクスペリエンスを向上させ、ユーザーエラーを軽減させるためです。
  4. マーチャントやバイヤーを欺くためにデータを改ざんするアプリ - これらのアプリは、パートナープログラム契約のパート C - セクション 2.3、およびアクセプタブルユースポリシーのセクション 7 に違反しています。
  5. Shopify のチェックアウト以外で支払いを処理するアプリ - Shopify は、オフサイトまたはサードパーティのチェックアウトを介して配置された注文の安全性やセキュリティを保証することはできません。
  6. 同じパートナーによって作成された機能が重複している複数のアプリ - Shopify App Store に複数のアプリを掲載したい場合、それぞれのアプリは既に掲載されている他のアプリとは明らかに異なっていなければなりません。場合によっては、複数のアプリを 1 つにまとめることもできます。パートナープログラム契約書の C.2.4 項をご参照ください。
  7. Shopify 上でマーケットプレイスをホストするアプリ - マーチャントをマーケットプレイスに接続するアプリは、Shopify 上でそれらのマーケットプレイスをホストすることはできません。また、アプリはマーチャントが自分のストアをマーケットプレイスにすることもできません。マーケットプレイスアプリのベストプラクティスについては、販売チャネルの構築を参照してください。
  8. キャピタルローンを提供するアプリ - この種のサービスは、マーチャントが不健全な融資慣行から確実に保護されるように、継続的に効果的に監視することが困難です。意図しないリスクからマーチャントを保護するために、マーチャントに資本を貸すアプリは Shopify App Store で配布することができません。また、直接的または間接的に資本金の貸付を促進するアプリも禁止されています。
  9. 制限付きベータ版 API スコープが有効なアプリ - ベータテスト用 API スコープへのアクセスが許可されているアプリは、Shopify App Store にアプリを提出することができません。ベータ版が公開される際のアナウンスについては、Shopify Community forums Shopify Community forumsをご覧ください。
  10. マーチャントデータを第三者と共有または提供することを主な目的としたアプリ - マーチャントデータを 1 つ以上の第三者と共有または提供することを主な目的としたアプリは、Shopify からの事前の書面による同意が必要であり、当社のAPI 規約に従わなければなりません。そうでない場合は、Shopify App Store に掲載することはできません。アプリを使ってマーチャントデータを受け取る各第三者は、Shopify の API 規約に同意する必要があります。
  11. マーチャントを外部の開発者に接続するアプリ - もしあなたのアプリがマーチャントを外部の代理店やフリーランサーに接続しているなら、そのアプリは Shopify App Store で配布する資格がありません。
  12. セッショントークンを使用していない組み込みアプリ - Shopify App Store に提出する組み込みアプリは、セッショントークンを使用して認証する必要があります。セッショントークンは、より良いマーチャントエクスペリエンスを提供し、サードパーティのクッキーによって引き起こされるサービスの中断を回避します。
  13. 機能するためにブラウザの拡張機能を必要とするアプリ - 機能するためにブラウザの拡張機能を必要とするアプリは Shopify App Store では許可されていません。アプリはオプション機能としてブラウザ拡張機能を使用できますが、拡張機能なしで完全に機能しなければなりません。

非掲載のアプリタイプ
次のアプリタイプは、Shopify AppStore で非公開のままにする必要があります。

  1. Shopify Plus プランのマーチャントのみに対応するアプリ - Shopify App Store に掲載されるアプリは、どのプランであっても全てのマーチャントに対応しなければなりません。一部のマーチャントのためだけに動作するアプリは、承認することはできますが、掲載することはできません。
  2. 開発者のために設計され、開発者に販売されるアプリ - 他の開発者のために意図されたコア機能を含むアプリは、承認されることはあっても、掲載されることはありません。

2. インストールとセットアップ

これらの要件は、マーチャントが迅速にアプリを設定し、使用を開始できるようにするためのものです。インストール要件では、認証、アプリのインストール料金、サインアップ手順(必要な場合)の正しいフローを説明しています。これらの要件は、マーチャントがアプリの使用方法を学び始める際に必要なガイダンスを提供することを確認します。

A. 認証

  1. マーチャントがアプリのリストから「アプリを追加」をクリックすると、マーチャントが以前にアプリをインストールしてからアンインストールした場合でも、アプリは他のステップが発生する前に直ちにOAuthを使用して認証する必要があります。

  1. マーチャントは、同じメールアドレスを共有していても、複数のストアで認証してアプリを使用することができなければなりません。

B.権限
権限は、API を介してアプリが販売者のストアにアクセスできるレベルです。リクエストしたアクセス許可は、OAuth ハンドシェイクページで販売者に表示されます。販売者は、アクセス許可を許可または拒否できます。

  1. マーチャントは、OAuth ハンドシェイクページでパーミッションアクセスを受け入れた後、アプリのユーザーインターフェース(UI)にリダイレクトされる必要があります。
  2. アプリは、機能するために必要なパーミッションのみを要求する必要があります。
  3. アプリへの API パーミッションの取り消しは、アプリのセットアップページにある削除ボタンを使ってのみ行う必要があります。

C. セットアップとマーチャントのワークフロー

  1. あなたのアプリには、適切な使用方法をマーチャントに説明するアプリ内セットアップ手順を含める必要があります。これらの説明書は、アプリが他のプラットフォームに接続している場合でも、Shopify のマーチャント向けに特別に書かれていなければなりません。

  1. あなたのアプリケーションは、マーチャントにプライベート API キーの生成と提供を要求してはいけません。Shopify App Store は公開アプリケーションのみを掲載しています。

  2. あなたのアプリが UI から他のショップにリンクしたり、他のアプリをインストールしたりするためには、まず Shopify App Store のリストを通過しなければなりません。

  3. マーチャントセキュリティのために、あなたのアプリは OAuth の実行やアプリの課金の承認など、アプリの重要な機能にポップアップウィンドウを使用してはいけません。また、ポップアップウィンドウの使用を避けることで、ポップアップブロッカーによってアプリが危険にさらされることを防ぎます。

3. 機能性と品質

アプリを成功させるためには、アプリを使用するマーチャントに一貫したポジティブなエクスペリエンスを提供する必要があります。以下の機能および品質要件は、ユーザーインターフェース、パフォーマンス、課金など、アプリのコア機能に適用されます。

A. ユーザーインターフェース
優れたユーザーインターフェースを提供することで、マーチャントがアプリを使用してビジネスを成長させることが容易になります。アプリのユーザーインターフェースは、以下の要件を満たす必要があります。

  1. アプリには、ボタン、コントロール、セットアップまたはオンボーディングの手順、販売者が操作するための機能などのユーザーインターフェースが必要です。

B.請求
Shopify には、さまざまなタイプのアプリ料金をサポートする API ベースの課金システムがあります。 Shopify サブスクリプションに使用されているのと同じシステムを介してマーチャントに請求し、支払いの追跡を容易にします。

  1. あなたのアプリに関連するすべての料金は、Billing APIを経由しなければなりません。Shopify からの通知がない限り、他の支払い方法やシステムを使用することはできません。ご質問やご不明な点がございましたら、お問い合わせください

  2. あなたのアプリが複数の価格プランを持っている場合、マーチャントはアプリを削除したり、サポートに連絡したりすることなく、プランのアップグレードやダウングレードができなければなりません。

  3. エンタープライズレベルの価格プランは、アプリのリストの価格セクションの「追加料金の説明」セクションで参照する必要があります。

  4. アプリに課金キャンセルエラーがあってはなりません。マーチャントが最初に請求を拒否した場合、請求モーダルはマーチャントにキャンセルを再度確認するよう促すものでなければなりません。マーチャントがプランの選択を拒否した場合、以前に承認されたプランをキャンセルしてはいけません。

C.アプリの状態

マーチャントは忙しく、ビジネスを運営する上で一分一秒を大切にしています。アプリのパフォーマンスを確認することで、マーチャントが目標をより早く達成し、最も注意を払う必要のある問題により多くの時間を費やすことができます。

  1. Shopify App Store にアプリを提出する際には、安定した完成品でなければなりません。ベータ版やその他の未完成な状態であってはいけません。アプリが壊れていたり、バグがあったりすると、マーチャントの使用意欲をそぎ、場合によってはビジネスに支障をきたすこともあります。

  2. App Store に提出されたオリジナルのコア機能を反映していないアプリは再評価され、アプリのフルレビューのために再提出する必要があります。

4. アプリの性能

マーチャントが成功するためには、そのオンラインストアがクラス最高のスピードとユーザーエクスペリエンスを備えている必要があります。アプリは簡単にパフォーマンスを低下させることができます。私たちは、マーチャントを支援する際にパフォーマンスを最重要視し、私たちのパフォーマンス要件とベストプラクティスに従い、製品がスピードに関する私たちの最低要件を引き続き満たしているかどうかをテストすることをアプリに求めています。

A. パフォーマンススコア

  1. Shopify App Store で公開されるためには、アプリが Lighthouse のパフォーマンススコアを 10%以上低下させてはいけません。提出物は、この基準に基づいて、以下のセクションで説明するテスト方法を使用して評価されます。
  2. 算出したパフォーマンス比のスコアは、投稿フォームのセクション G.テストの指示に記載してください。また、テスト結果のスクリーンショットをご提供ください。この情報は、審査プロセスの前に App Review Specialist に提供する必要があります。

B. テスト方法
Shopify がアプリのパフォーマンスをテストするために使用しているツールはLighthouseです。Lighthouse は、Web ページの品質を向上させるためのオープンソースの自動化ツールです。Google Chrome の Developer Tools パネルに用意されているので、ブラウザで直接アプリをテストすることができます。

作成したアプリケーションを Google Chrome でテストするには:

  1. Express のようなサポートされている Shopify テーマを、あなたのアプリや他のアプリがインストールされていない状態で、クリーンインストールすることから始めてください。
  2. テストストアのホームページから、Chrome の Developer Tools を開きます(View > Developer > Developer Tools)。
  3. デベロッパーツールで、Lighthouse タブをクリックします。
  4. デバイスリストから「Mobile」を選択し、「Generate Report」をクリックします。

  1. 100 点満点のパフォーマンススコアを書き留めます。これが開始スコアです。

  1. テストストアにアプリをインストールし、正しくロードされることを確認します。

  2. Lighthouse」タブに移動し、「Generate Report」ボタンをクリックします。

  3. 新しいパフォーマンススコアを書き留めます。これがあなたの終了スコアです。

  4. 終了時のスコアを開始時のスコアで割ります。その結果が、アプリのパフォーマンス比です。たとえば、開始スコアが 84 で、終了スコアが 72 の場合、72/84 を計算して、アプリのパフォーマンス比が 0.85 であることを確認します。

セクション G にアプリの比率を含めます。レビューのためにアプリを送信するときに、アプリリストフォームのテスト手順を示します。

5.アプリのリスト

アプリリスティングは、マーチャントがアプリを見つけ、ビジネスにどのように役立つかを理解するための名刺です。アプリのリストでは、アプリの機能、ユーザーインターフェース、および機能を説明します。マーチャントがアプリのメリットをすぐに理解できるように、リストでは機能と価格を明確に伝える必要があります。

Shopify AppStore のリストを作成する
アプリのリストはマーチャントとの最初の接点であり、あなたのアプリがマーチャントに適しているかどうかを確認するために見られる場所です。すべての承認されたパブリックアプリは、あなたがアプリをリスト化するしないかに関わらず、Shopify App Store にリスト化されます。

効果的なアプリのリストは、Shopify マーチャントがあなたのアプリを自分で試してみるように促します。アプリのリストが明確で、潜在的なユーザーが持つ可能性のある質問に答えていることを確認してください。

アプリ一覧投稿フォームでは、以下のことができます。

  • アプリの機能をハイライトして、マーチャントがアプリの機能を簡単に確認できるようにする。
  • 明確な価格情報の提供
  • アプリをインストールできるマーチャントを指定する

マーチャントがアプリを簡単に見つけ、何に使えるかを理解し、価格を確認できるように、アプリ提出フォームに記入する際は、これらの要件とガイドラインに従ってください。

アプリのリストを翻訳する

アプリが複数の言語で提供されている場合は、アプリリストをそれらの言語で利用できるようにして、アプリがより多くの人に届くようにすることもできます。Shopify App Store でサポートされているすべての言語で、翻訳されたアプリのリストを追加・削除することができます。

一部のリスティングの詳細は、プライマリリスティングでのみ管理できます。アプリの翻訳版リスティングを作成した場合は、どちらをプライマリリスティングに設定するかを選択できます。

翻訳されたリストを追加する

  1. パートナーダッシュボードにログインします。
  2. アプリをクリックします。
  3. アプリの名前をクリックします。
  4. アプリのリストをクリックします。
  5. 翻訳済みリストを追加をクリックします。
  6. アプリのリストページに戻り、アプリの更新をクリックします。

このフォームを使用して、選択した言語のアプリの翻訳済みリストを編集できます。編集中のリストを変更するには、アプリ一覧ページに戻って別のリストを選択します。

アプリをレビューに提出する前に、追加した翻訳版リストに問題がないことを確認する必要があります。問題がなければ、「Submit app」をクリックして、すべての翻訳済みリスティングを送信できます。

翻訳済みリストの削除

  1. パートナーダッシュボードにログインします。
  2. アプリをクリックします。
  3. アプリの名前をクリックします。
  4. App listingsをクリックします。
  5. 削除したいリストをクリックします。
  6. More actionsドロップダウンリストで Delete listingをクリックします。

A.アプリ情報

1.アプリ名とタグライン

アプリ名は、マーチャントに自分をブランド化する方法と、マーチャントがアプリを参照する方法の重要な部分です。アプリ名を決定するときは、次の要件に従ってください。

  1. アプリ名に "Shopify "の文字を含めることはできません。
  2. アプリ名は、30 文字以下でなければなりません。
  3. アプリ名は、"Banner Slider "のような、アプリの機能を表す一般的な説明にすることはできません。アプリ名は明確で、要 4 点を押さえたものでなければなりません。
  4. アプリの名前はあなたの Shopify パートナーアカウントの名前を含むことができません。例えば、あなたのアプリ名は "App name by Shopify Partner account name "ではいけません。デフォルトでは、Shopify App Store のアプリ名に "by Shopify Partner account name "というサフィックスを提供しています。
  5. あなたのタグラインはユニークで、あなたのアプリを宣伝するのに役立つ要約でなければなりません。タグラインに "Shopify "やあなたの Shopify パートナーアカウント名を含めることはできません。

2.アプリアイコン
アプリ送信フォームからアプリアイコンを追加および更新できます。アプリのアイコンを作成するときは、次のガイドラインに従ってください。

  1. アプリアイコンのサイズは 1200px × 1200px にしてください。
  2. アプリアイコンにはテキストを入れないでください。
  3. アプリアイコンには、スクリーンショットや写真を入れないでください。
  4. アプリアイコンの周りにはパディングを入れてください。ロゴが画像の端に触れないようにします。
  5. 角は四角くしてください。画像の角は、表示時に自動的に丸められます。
  6. 大胆な色とわかりやすいパターンを使用します。
  7. シンプルに、1 つまたは 2 つの要素に絞る。視覚的な乱れは、画像の効果を低下させます。

3.検索語
検索語フィールドでは、アプリの最大 5 つの検索語を入力できます。販売者がアプリを見つけやすくするために、販売者が Shopify AppStore を検索するときにランクを上げたい関連用語のみを含めてください。

検索用語を選択するときは、次のガイドラインに従ってください。

  1. 完全な言葉を使う。例えば、「dropshi」やその他の単語の部分的な形ではなく、「dropshipping」を使用してください。
  2. 同じ言葉のいくつかのバージョンではなく、一つの完全な形の言葉を含める。例えば、検索語として「ドロップシッピング」含める場合、「ドロップシップ」、「シッピング」、「ドロップシップ」などの他の用語を含める必要はありません。
  3. 検索キーワードに "Shopify "を含めないでください。
  4. 競合他社を検索語に入れないでください。もしそうであれば、アプリの提出を拒否します。
  5. 1 つの検索語で複数のアイデアを伝えないでください。例えば、「E メールマーケティング」は適切ですが、「リードのための E メールマーケティング」は不適切です。

4.アプリリストのコンテンツ
アプリリストのコンテンツは、アプリの機能を高レベルで説明する必要があります。アプリリストのコンテンツを作成するときは、次のガイドラインに従ってください。

  1. アプリ一覧のコンテンツから、他のアプリやサービスへの言及を削除します。
  2. 競合他社をアプリ一覧のコンテンツに掲載しない。

B.アプリの詳細

1. プロモーションビデオ

プロモーションビデオは必須ではありませんが、マーチャントにあなたのアプリをもっと知ってもらうために、入れることを強くお勧めします。プロモーションビデオは、あなたのアプリの主な特徴と機能、そして Shopify とどのように相互作用するかを宣伝するために作成されるべきです。マーチャントは、あなたのアプリに何を期待しているのか、それがどのように彼らのビジネスに役立つのか、正直なイメージを求めています。効果的なプロモーションビデオは、マーチャントがビデオで紹介された機能についてより深く知るために、アプリのリストを見てみるように促します。

プロモーションビデオを作成するときは、次のガイドラインに従ってください。

  1. 動画の長さは 2 ~ 3 分以内でお願いします。
  2. 誰かがアプリケーションを使っている長いスクリーンキャストは入れないでください。動画の 25%までは、機能を説明するためにスクリーンキャストを使用することができますが、動画は説明用ではなくプロモーション用でなければなりません。
  3. 商標権の問題が発生しないように、プロモーションビデオには第三者のロゴや要素を使用することに注意してください。

2. 主なメリット
このセクションでは、アプリがマーチャントに提供する 3 つの主要なベネフィットを強調することができます。それぞれの利点には画像を掲載し、それぞれの利点が解決する問題について簡単な説明を加えることができます。

このスペースでは、特定の機能がどのように機能するかの詳細ではなく、マーチャントのニーズを説明するようにしてください。具体的な機能については、詳細説明セクションで説明することができます。

以下は、アプリの機能をマーチャントにアピールする利点を書く場合の例です。

アプリの特徴 マーチャントのメリット
プッシュテクノロジーを利用したレポートで、常に最新の情報が得られます。 必要なときに必要なデータをリアルタイムの売上データを一度に見ることができます。
棒グラフ、折れ線グラフ、散布図など 30 種類のチャートを用意見やすいチャート データをグラフ化することで、簡単にトレンドを把握することができます。
携帯電話へのアラート通知に登録 ループにとどまる。 重大なスパイクまたはディップについて通知を受け取ります
再利用可能な電子メールテンプレートを作成するための WYSIWYG エディター メールを書く時間を減らす。 再利用可能なメールテンプレートをすばやく簡単に作成。

アプリの主要なベネフィットを表現する画像は、以下のガイドラインに沿って作成してください。

  1. 画像のサイズは、1600px×1200px(4:3)とします。
  2. 画像の中にテキストを入れない。
  3. スクリーンショットは使わないでください。
  4. 画像の中に Shopify のロゴを入れないでください。
  5. 角は正方形にしてください。画像の角は表示される際に自動的に丸められます。
  6. 白い背景の使用は避けましょう。代わりに、大胆でわかりやすい色やパターンを使いましょう。
  7. シンプルに、一つか二つの要素に絞る。視覚的な混乱は、画像の効果を低下させます。
  8. 一貫性を持たせる。アプリのアイコンとキーベネフィットの画像は、同じブランドや製品のものであるようにする必要があります。

アプリの主なメリットが ShopifyAppStore のリストにどのように表示されるかの例を次に示します。

パソコン画像

スマホ画像

3.注目のアプリバナー(オプション)
私たちは定期的に Shopify App Store のホームページやソーシャルメディアチャンネルで優れたアプリを紹介しています。アプリの掲載を検討してほしい場合は、アプリの紹介に使用できる画像を提供する必要があります。

特集アプリの画像を準備する際は、以下のガイドラインに従ってください。

  1. バナー画像のサイズは 1600px×900px とします。
  2. バナーにはアプリ名以外の文字を入れないでください。
  3. バナーの角は四角くしてください。バナーを表示すると自動的に角が丸くなります。
  4. 画像の外周には 100px の余白をとります。下の画像例のように、アイコンとアプリ名はセーフゾーンの内側に入れてください。
  5. 白い背景は避けてください。代わりに、大胆でわかりやすい色、パターン、または写真を使用してください。
  6. 一貫性を持たせる。アプリのアイコンや特典、注目のアプリのバナー画像は、すべて同じブランドや製品のものであるようにします。
  7. アプリケーションのスクリーンショットは使用しないでください。スクリーンショットは小さすぎて、バナーが Shopify App Store のホームページに表示されるサイズでは見ることができません。

フィーチャーアプリのバナー画像を作成する際には、提供されているテンプレートを使用することをお勧めします。このテンプレートには、アプリ名とアイコンを配置するための安全領域が示されています。最終的な画像を作成する前に、ヘルプテキストやセーフゾーンを示す点線など、埋め込まれているアシスタンス要素が削除されていることを確認してください。

以下の画像例では、セーフゾーンに対するこれらの要素の正しい配置と間違った配置を示しています。

アプリのアイコンと名前の不適切な配置。

アプリのアイコンと名前の正しい配置:

  1. スクリーンショット
    スクリーンショットのセクションでは、あなたのユーザーインターフェースが実際にどのように見えるかを示すスクリーンショットを提供しなければなりません。アプリケーションが Shopify 管理画面に挿入するリンクのような重要な要素に注意を引くために、注釈やハイライトを追加してください。

スクリーンショットを準備する際は、以下のガイドラインに従ってください。

a) 一般的なスクリーンショットのガイドライン

  1. アクセシビリティと SEO を向上させるために、すべての画像に alt テキストを提供してください。
  2. 画像にマーチャントの個人情報を同意なしに使用しないでください。これには、店舗名、電話番号、.myshopify.comの URL などの情報が含まれます。

b) デスクトップスクリーンショットのガイドライン

  1. 各スクリーンショットのサイズは、デスクトップでは 1600px×900px(16:9)、モバイルでは 900px×1600px(9:16)としてください。
  2. デスクトップ用のアプリのスクリーンショットを 3 ~ 6 枚掲載してください。
  3. アプリケーションのユーザーインターフェースのスクリーンショットを 1 枚以上掲載してください。
  4. アクセシビリティや SEO 対策のために、すべての画像に alt テキストを記載します。
  5. スクリーンショットには、デスクトップの背景やブラウザのウィンドウは含めないでください。画像が散らからないようにトリミングし、マーチャントがアプリから目をそらさないようにします。
  6. あなたのアプリが埋め込まれている場合は、店舗名、検索バー、ユーザー情報など、Shopify 管理者のヘッダーコンテンツをスクリーンショットに含めないでください。左側のナビゲーションは含めることができます。

c) モバイルスクリーンショットのガイドライン

  1. 各スクリーンショットのサイズは、900px x 1600px(9:16)です。
  2. アプリがストアフロントでモバイル対応している場合は、アプリのモバイル機能を示すスクリーンショットを掲載してください。これにより、マーチャントは、アプリが店頭でお客様にどのように見えるかをイメージしやすくなります。
  3. モバイルのスクリーンショットは、デスクトップのスクリーンショットと重複してはいけません。つまり、モバイルデバイスで見たときのユーザーインターフェースの応答性を表示する必要があります。

d)POS スクリーンショットガイドライン

  1. 各スクリーンショットの寸法は、2048px×1536px(4:3)でなければなりません。
  2. あなたのアプリが Shopify Point of Sale 用である場合、または Shopify Point of Sale と連携する機能を持っている場合、それを示すスクリーンショットを含める必要があります。これにより、POS アプリを探しているマーチャントに、貴社のアプリがそれと統合されていることを理解してもらうことができます。

5.詳細な説明
詳細な説明フィールドでは、マーチャントにアプリのすべてを伝えるための 2800 文字が提供されます。このフィールドは、Markdownフォーマットオプションの限られたセットをサポートしています。Markdown は HTML よりも必要なタグが少ないため、使用が簡単で、エラーが発生しにくいです。

次の表は、サポートされているフォーマットオプションと、使用する Markdown 記法の一覧です。

フォーマット タグ
タイトル # #これはタイトルです
注文済み(番号付き)リストアイテム 1. 1.注文リストアイテム 1
2.注文リストアイテム 2
順序付けられていない(箇条書き)リストアイテム * _ Unordered list item 1
_ Unordered list item 2

編集タブとプレビュータブを切り替えて、アプリ一覧に表示される説明文を確認できます。

詳細な説明を書くときは、以下のガイドラインに従ってください。

  1. アプリの主要な機能を詳しく説明してください。マーチャントは、あなたのアプリが自分のストアでどんなことができるのかを知りたがっています。
  2. 説明文に特殊文字や絵文字を使わないでください。
  3. 詳細な説明の中に体験談を含めないでください。
  4. マーチャントの個人情報をマーチャントの同意なしに使用しないでください。
  5. 詳細説明の中にリンクや URL を含めないでください。投稿フォームには、お客様のウェブサイトのトップページ、FAQ ページ、価格情報へのリンクがあり、そこに追加情報を掲載することができます。
  6. 詳細説明には、電子メールや電話番号などのサポート情報は記載しないでください。サポート情報は、投稿フォームのセクション D に記載してください。
  7. Shopify はこのデータを確認することができないので、詳細な説明にデータや統計を含めないでください。これらの情報はあなたのウェブサイトやランディングページで自由に共有してください。
  8. 特定の場合を除き、Shopify の競合他社について言及しないでください(例: あなたのアプリが他のプラットフォームから Shopify にどのようにデータを移行するかについて言及している場合)。

6.デモ URL
アプリを紹介するデモストアへのリンクを提供し、マーチャントがアプリの動作のライブデモを見ることができるようにします。より詳細なウォークスルーが必要なアプリの場合は、アプリの動作を示すデモビデオにリンクすることもできます。これにより、マーチャントは、アプリがどのように役立つのかを知ることができます。

開発ストアをデモストアとして使用することができます。マーチャントが Shopify App Store からあなたのデモストアにアクセスした場合、開発ストアのパスワードページは表示されません。

7.統合

Integrations フィールドには、最大 6 つの統合機能をリストアップできます。アプリに 6 つ以上の統合機能がある場合は、マーチャントが最も興味を持つ統合機能をリストアップしてください。

サポートされている統合機能のリストには、以下のものを含めないでください。

  1. Shopify
  2. 同期やクロスプラットフォームの互換性を提供しない限り、他のショッピングカート。
  3. Shopify App Store にある他のアプリ。ただし、あなたのアプリがそれらと直接統合されている場合を除く。

C. 価格設定
価格設定セクションでは、販売者向けのアプリの価格設定情報を明確にすることができます。

1. 価格の詳細

Pricing detailsセクションで、アプリの主要な課金方法を選択します。アプリで使用できる主な課金方法は 3 つあります。

無料インストール 合は、このオプションを選択してください。インストールが無料のアプリには、Shopify Billing API の外で請求される追加の使用料や手数料がある場合があります。手数料や使用料などの追加料金がない場合は、アプリは Shopify App Store で「無料」と表示されます。追加料金を指定している場合は、アプリは「無料でインストール」と表示されます。
定期的な請求 アプリがインストールされている月(30 日ごと)または年ごとにマーチャントに課金する場合は、このオプションを選択します。このオプションを選択すると、提供しているさまざまな月額プランや年間プランに関する情報を追加できます。
1 回払い アプリをインストールする際にマーチャントに単一の料金を請求する場合は、このオプションを選択します。

定期的な料金でアプリのサブスクリプションプランを設定する

アプリの使用に対して販売者に請求される方法を説明するには:

  1. 無料トライアル期間を入力し、その後アプリの課金を開始します。無料トライアル期間が 0 日の場合は、すぐに課金が開始されます。無料トライアル期間の長さを選択する際には、マーチャントがアプリを試用するのに十分な期間(少なくとも 14 日間)であることを確認してください。

  2. 定期的に利用するプランの詳細を入力します。各プランには、無料、毎月課金、年間課金のいずれかを指定します。

    1. アプリがマーチャントに毎月課金する場合は、「月額課金」を選択し、30 日の請求サイクルごとにマーチャントに課金される金額を入力します。
    2. 月額プランを提供していて、マーチャントが年に一度だけ支払う割引オプションもある場合は、「月額料金」を選択し、通常の月額料金と割引後の年額料金の両方を入力します。例えば、月額 150 ドルのプランで、年間 1200 ドルの割引価格を提供している場合、30 日ごとの請求額には 150 ドル、年間 1 回の請求額には 1200 ドルと入力します。

  1. 定期的に課金するプランで、年間課金のオプションしかない場合は、「年間課金」を選択し、1 年間の総課金額を入力します。例えば、1200 ドルの年間プランを提供している場合は、1 年に 1 回の請求額として 1200 ドルと入力します。

  1. プランに使用料や手数料などの追加料金があるかどうかを選択してください。マーチャントが料金の計算方法を理解できるように、これらの料金についての詳細な説明を記入してください。このフィールドに年間プランの情報を入力しないでください。代わりに、年間料金または年間割引価格のいずれかで年間プラン情報を入力してください。
  2. オプション:プランの詳細セクションでは、プランの名前と、プランに含まれる機能のリストを入力します。箇条書きや先頭に文字を入れずに、各機能を 1 行にまとめて入力します。箇条書きは、機能リストがアプリ一覧に表示されたときに追加されます。
  3. 別のプランを追加したい場合は、「別のプランを追加」をクリックします。
  4. アプリ一覧では、アプリの料金プランを 4 つまで記述できます。4 つ以上のプランを提供する場合は、追加プランを説明する外部の価格設定ページの URL を提供することができます。また、「このプランには追加料金があります」を選択し、「追加料金の説明」フィールドにメモを入力することで、マーチャントに追加プランを提供していることを知らせることができます。例えば、「Additional plans available. 詳細は価格ページをご覧ください。」

プランは、お客様がプランを指定した順番に関係なく、アプリの一覧で最低価格から最高価格の順に表示されます。

無料プランのみのアプリ
無料プランは最大 1 つです。アプリにアプリ全体で 1 つのプランしかなく、そのプランが無料の場合、そのプランを定期的な課金として記載することはできません。このような料金モデル(追加料金あり、またはなし)の場合は、主要な課金方法としてFree to installを選択します。

無料プランと有料プランのアプリ
複数のプランがあり、そのうちの 1 つが無料の場合は、主要な課金方法として定期的な課金を選択し、プランの価格設定でプランの 1 つを無料に指定します。アプリが検索結果に表示されると、Free プランありと表示されます。

Shopify BillingAPI 以外の料金

すべてのアプリの課金は、Shopify からの事前承認がない限り、Shopify Billing API を経由しなければなりません。Shopify から承認を受けている場合は、Shopify Billing API 以外でマーチャントに課金することを承認していますを選択し、マーチャントが外部課金について読み、必要な外部サービスにサインアップできるようにリンクを提供します。

以下は、アプリのリストに表示されるアプリの価格詳細の例です。

パソコンの画面

スマホの画面

1. アプリの価格を詳細に説明したページへのリンクです。
2. Shopify の Billing API 以外で請求された料金を説明するページへのリンク。
3. 各料金プランの名前
4. 毎月の無料プラン。
5. 有料の月額プランの価格。
6. 月額プランの年額割引価格。
7. 本プランの追加料金の説明。
8. このプランの機能の一覧。

D.連絡先情報

連絡先情報は、アプリのリストの重要な部分です。ここに入力した情報は、マーチャントがアプリの詳細を知り、質問や問題について連絡するのに役立ちます。また、Shopify はこの情報をアプリの提出について連絡するために使用します。

  1. 通知メールを確認します
    このメールは、販売者がアプリにレビューを残したときに通知するために使用されます。通知メールには、販売者が残した星の評価、レビューに残したコメント、販売者の店舗の名前が含まれています。

  2. アプリ提出の連絡先メール
    これは、Shopify AppStore へのアプリの送信についてお客様に連絡するために使用するメールです。アプリの送信に必要な変更を加えるための主要な連絡先となる人のメールアドレスを入力する必要があります。

  3. 販売とサポート

他の言語のサポート(必須)

アプリのリストに翻訳されたリストを追加した場合、そのリストに関連付けられた言語で電話やメールによるサポートを提供しているかどうかを表示する必要があります。翻訳されたリストの言語でサポートを提供する必要はありませんが、そのサポートが利用可能かどうかについての情報をリストに含める必要があります。

E メール(必須)
これは、サポートに関する質問がある場合に販売者が連絡するために使用するメールです。

Web サイトの URL(オプション)
アプリの詳細情報を提供するウェブサイトがあれば、マーチャントがアプリをインストールするかどうかを判断するのに役立ちます。この URL は、開発者のウェブサイトのランディングページに設定する必要があります。この URL が特別なプロモーションページになっている場合は、変更を求められます。

電話番号(オプション)
電話サポートがあると、マーチャントがアプリを選択する際の信頼性が高まります。アプリで電話サポートを提供したい場合は、マーチャントが電話サポートを受けるためにかけられる機能する電話番号を含める必要があります。アプリのレビュー中にこの電話番号に電話して、連絡が取れることを確認します。届かない場合は、電話番号を削除または更新する必要があります。

プライバシーポリシーの URL(必須)
[Data and user privacy]/api/app-store/listing-in-the-app-store/data-and-user-privacy)は、マーチャントにとって非常に重要であり、セキュリティに真剣に取り組んでいるパートナーを評価しています。プライバシーポリシーに記載すべき内容については、アプリのプライバシーポリシーテンプレートをご参照ください。

FAQ URL(オプション)
マーチャントによくある質問に詳しく答えることができる絶好の機会です。この URL は、マーチャントがあなたのウェブサイト上の専用の FAQ ページにリダイレクトする必要があります。もし、URL がクラウドドキュメントや PDF にリダイレクトされる場合は、変更をお願いします。

E.追跡
アプリ一覧に Google Analytics や Facebook のピクセルコードを入力することで、アプリ一覧のトラフィックをトラッキングすることができます。また、Google リマーケティングコードAdRoll リターゲティングコードを追加することで、アプリ一覧を閲覧したマーチャントをリターゲティングすることができます。

F.マーチャントのインストール要件
アプリ送信フォームにインストール要件を設定することで、アプリをインストールできるマーチャントを指定できます。アプリ送信フォームにインストール要件を追加することで、アプリのマーチャント資格に関連するアンインストールやネガティブレビューの数を減らすことができます。

例えば、マーチャントが、自分の国では使えない送料無料アプリなど、使えないアプリをインストールした場合、インストール後すぐにアプリをアンインストールしてしまいます。また、その経験に不満を持ち、否定的なレビューを残すかもしれません。アンインストールとネガティブレビューは、Shopify App Store でのランキングに影響します。

1. 販売チャネルの要件

アプリが特定の販売チャネルに機能を組み込む場合、その販売チャネルを使用するマーチャントのみがアプリをインストールするようにします。たとえば、マーチャントがオンラインストアを持っていない場合、マーチャントのオンラインストアが変更されると、マーチャントがアプリをインストールできないようにしたいとします。

アプリがマーチャントのオンラインストアに機能を埋め込む場合は、Merchant must have online storeを選択します。あなたのアプリが Shopify POS アプリに機能を埋め込む場合、マーチャントは Shopify Point of Sale を持っている必要がありますを選択してください。

2. 地理的条件

地理的要件を設定して、特定の地理的条件を満たすマーチャントのみがアプリを利用できるようにします。たとえば、お客様のアプリがドイツのマーチャントの税務申告を支援する税務アプリである場合、ドイツにビジネスアドレスを持つマーチャントのみがアプリをインストールできるように指定する必要があります。次のようなマーチャントにアプリのインストールを制限することができます。

  • 特定の国や地域にビジネスアドレスを持っていること
  • 特定の国や地域に向けて出荷している
  • 特定の通貨を受け入れることができる。

要件ごとに、その要件を満たす国や通貨のリストを指定することができます。たとえば、米ドル、カナダドル、英ポンドのいずれかを受け入れる店舗向けにアプリを動作させる場合、3 つの受け入れ可能な通貨をすべて指定できます。

マーチャントがインストール後にストア設定を変更した場合はどうなりますか?

アプリ内で、エンドポイントやウェブフックを使用して、インストール後にマーチャントがストア設定を変更したかどうかを確認します。マーチャントが設定を変更した場合は、アプリ内またはメールで通知することができます。

G.テスト手順

このセクションでは、アプリレビューの際にアプリをテストする方法を説明することができます。また、アプリのパフォーマンス比も記載する必要があります。アプリのパフォーマンス比を計算するには、本書の4.アプリのパフォーマンスB. テスト方法を参照してください。アプリのパフォーマンスを計算するには、本ドキュメントのセクション 4 を参照して下さい。

1. アプリのテスト方法

アプリの使用方法を記載することで、テスト中に問題が発生した場合、貴重なフィードバックを提供することができます。多くの機能を提供するアプリがある場合は、アプリのビデオウォークスルーへのリンクを含めることを検討すべきです。これにより、アプリの使用方法を理解することができます。

アプリが他のサービスに接続する場合は、テスト用のアカウントを含める必要があります。たとえば、アプリがマーケットプレイスへのアカウントアクセスを必要とする場合、そのマーケットプレイスでのテストアカウントの認証情報を含める必要があります。アプリのテストにテストアカウントが必要なのに提供していない場合、アプリの提出は却下されます。

6. セキュリティとマーチャントリスク

オンラインアプリはさまざまな方法で公開されたり、侵害されたりする可能性があるため、セキュリティはウェブベースのビジネスにとって重要な要素です。アプリを提出する前に、そのアプリが安全であることを確認し、アプリを使用するマーチャントがリスクを負わないようにする必要があります。

A. セキュリティ

  1. あなたのアプリは Shopify のユーザー認証情報を収集してはいけません。Shopify API Authentication で説明されているように、公共のアプリは OAuth を使用しなければならず、公共の組み込みアプリはセッショントークンと OAuth を使用しなければなりません。
  2. あなたのアプリが独自の認証情報を保存する場合、Open Web Application Security Project のウェブサイトで説明されているように、実際のパスワードではなく、塩漬けされたパスワードハッシュのみを保存する必要があります。
  3. アプリは、一般的なウェブセキュリティの脆弱性から保護されていなければなりません。
  4. アプリは、有効な TLS 証明書を使用して HTTPS で提供されなければなりません。
  5. アプリは、iFrame を保護し、ショップドメイン以外のドメインが iFrame でアプリを使用できないようにする必要があります。
  6. お客様のアプリは、ネットワークサービスを不必要に公開してはなりません。
  7. お客様のアプリは、必須の GDPR webhooks にサブスクライブする必要があります。
  8. お客様のアプリは、その共有秘密を公開してはなりません。秘密が誤って公開された場合は、直ちに秘密をローテーションする必要があります。
  9. あなたのアプリがオフライントークンを使用する場合、あなたのアプリはショップのオフラインアクセストークンを公開してはいけません。
  10. お客様のアプリは、適用可能な場合、有効期限や検索インデックス保護を含む、安全なトークンを生成しなければなりません。
  11. お客様のアプリは、Shopify のチェックアウトの外で支払いや注文を処理してはいけません。1. お客様のアプリは、Shopify のチェックアウトを変更または修正してはなりません。

7. データとユーザーのプライバシー

アプリの目的によっては、顧客データを管理・保存する必要があるかもしれません。アプリが、顧客データとユーザーのプライバシーを保護する現在のベストプラクティス(場合によっては法的要件)を満たしていることを確認してください。

A. データおよびユーザーのプライバシー

  1. 欧州を拠点とするマーチャント、または欧州を拠点とするバイヤーを持つマーチャントが貴社のアプリを使用する場合、貴社のアプリがGDPR に準拠していることを確認する責任があります。

  2. アプリがどのようにデータを使用するかを伝え、マーチャントとの信頼関係を築くために、アプリのリストにプライバシーポリシーへのリンクを含める必要があります。

  3. アプリが大量の顧客データを扱う場合は、安全な保管や、個人のデータ権に基づいてユーザーの要求に応じてデータを消去する機能など、そのデータを適切に管理するシステムを導入する必要があります。

  4. アプリが個人情報を必要とするマーケティングや広告キャンペーンを実施する場合、マーケティングプロモーションに対してユーザーがデータの同意を提供できるようなシステムを持っている必要があります。

  5. ユーザーデータを要求または管理するアプリの場合は、マーチャントから発行されるデータ削除要求を受け取れるように、GDPR のウェブフックに登録する必要があります。

  6. オンラインストア/ポイントオブセールチャンネルを使用して Shopify ホストサービスを介してあなたのアプリによって収集された顧客データは、Shopify 管理者に返され、マーチャントがアクセスできるようにする必要があります。詳細は Shopify API License and Terms of Use の 2.3.17 項に記載されています。どの顧客データがマーチャントに送り返されなければならないかについての情報は、顧客データの保存を参照してください。

  7. あなたのアプリが EAR99 以外の ECCN 番号を持っている場合は、アプリのセットアップでその ECCN 番号を入力する必要があります。

8. サポート

アプリを提出した後は、アプリを使用するマーチャントをサポートする必要があります。例えば、マーチャントからの問い合わせに迅速に対応し、詳細なヘルプドキュメントを公開したり、マーチャントがアプリを使用する際に必要なヘルプをすぐに得られるように、アプリ内で分かりやすいコンテキストやサポートを提供したりするなど、さまざまな方法があります。

A. サポート

  1. マーチャントがあなたのアプリの設定や使用に関してヘルプが必要な場合に連絡できるようなメールアドレスを用意する必要があります。優れたカスタマーサポートを提供することは、Shopify 自身のビジネスの重要な部分であり、あなたのアプリを使用するマーチャントにも迅速なサポートを提供することが求められます。
  2. サポートの連絡先やコンテンツは見つけやすく、あなたのアプリが Shopify とどのように統合されているかに特化した明確な説明を含むべきです。効果的なヘルプドキュメントの書き方についての詳細は、Shopify Polaris のヘルプドキュメントをご覧ください。
  3. あなたのパートナーダッシュボードには、あなたのアプリに関して連絡を取る必要がある場合に備えて、最新の緊急開発者の連絡先情報が必要です。

特定のアプリの構成に関する特定の要件

アプリは、問題を解決する方法や商人のニーズを満たす方法に応じて、異なるカテゴリに分類されます。アプリが以下のカテゴリーのいずれかに該当する場合は、以下の要件を満たす必要があります。これらの要件は、上記の「すべてのアプリに対する一般的な要件」に追加されます。

場合によっては、1 つのアプリが複数のタイプの構成になることがあります。たとえば、1 つのアプリがサードパーティの統合とドロップシッピングの両方のアプリになる可能性があります。

9. オンラインストア

オンラインストアアプリは、Shopify の API や他の技術的リソースを使用して、マーチャントのストアフロントやテーマを変更します。

A. オンラインストア

  1. アプリがマーチャントのテーマと相互作用する場合は、マーチャントがテーマのコードを変更する必要がないように、テーマアプリ拡張アプリブロックアプリ埋め込みブロックを使用する必要があります。2.

  2. ヴィンテージテーマをサポートするには、テーマアプリ拡張機能に加えて、アセット REST 管理 APIリソースを使用して、アプリのスニペットをテーマのリキッドファイルに注入することができます。また、コードの追加と削除の方法について、マーチャント向けの詳細な説明を含める必要があります。

  3. オンラインストアのオリジンのルートに行われたリクエストを外部オリジンに転送してストアページにデータを表示する場合は、アプリプロキシを使用する必要があります。

  4. アプリがマーチャントのストアフロントに可視要素を追加する場合は、アプリのビジュアルストアフロントコンポーネントへの変更を保存および公開する前に、マーチャントが編集内容をプレビューできるようにする必要があります。

  5. アプリにアプリブロックが含まれている場合は、マーチャントがテーマエディタでアプリブロックを追加、再配置、または削除できるようにする必要があります。

  6. アプリブロックは、追加されたセクションのサイズに応じて反応する必要があります。

  7. アプリブロックは、タイポグラフィやカラーなど、テーマのスタイリングプロパティを継承する必要があります。
    アプリがマーチャントのテーマと連動する場合は、アプリがテーマエディタ環境でも動作することを確認する必要があります。必要に応じて、アプリがテーマエディタを検出するように設定し、その環境で動作するようにアプリを調整することができます。

  8. アプリにアプリブロックやアプリ埋め込みブロックが含まれている場合は、アプリのユーザーインターフェイス内に詳細な設定方法を記載します。以下の内容を含めてください。

  • アプリに含まれるアプリブロックやアプリエンベッドブロックの概要とその目的
  • アプリブロックとアプリ埋め込みブロックの機能設定の方法
  • どのテンプレートにアプリブロックとアプリエンベッドブロックを追加できるか
  • アプリブロックの追加、削除、および順序変更の方法
  • アプリの埋め込みブロックを有効にしたり無効にしたりする方法

Image from Gyazo

10. 組み込みアプリ

埋め込みアプリは、アプリ拡張機能と埋め込みアプリライブラリを使用して、販売者が Shopify 管理者または ShopifyPOS アプリでその機能に直接アクセスできるようにします。

A. Shopify Admin への埋め込み

  1. アプリが埋め込みアプリのメソッドを使用する場合は、一貫した方法で行う必要があります。つまり、認証後に始まる一貫した埋め込みユーザーインターフェイスの体験を提供しなければなりません。
  2. あなたのアプリがadmin リンクを使用している場合、各リンクは完全で、機能的で、Shopify 管理者内の位置に関連していなければなりません。
  3. もしあなたのアプリがバルクアクションリンクを使用しているのであれば、それらは完全で、機能的で、Shopify 管理画面での位置に関連していなければなりません。また、各バルクアクションリンクにおいて、関連するアクションが選択されたすべてのアイテムに適用されていることを確認する必要があります。
  4. あなたのアプリは Shopify App Bridge バージョン 2.0 を使用しなければなりません。もしあなたのアプリが現在 Embedded App SDK (EASDK)を使用しているのであれば、Shopify App Bridge を使用するために移行する必要があります。

B. POS への組み込み

  1. あなたのアプリが Shopify POS アプリに組み込まれている場合、そのアプリが使用する POS アクション(カートアクションやチェックアウトアクションなど)は完全で、完全に機能し、Shopify POS アプリの機能に関連していなければなりません。
  2. アプリが ShopifyPOS アプリに埋め込まれている場合、アプリのユーザーインターフェースは機能しており、POS アプリ管理ダッシュボードからアクセスできる必要があります。

11. プロダクトソーシング

製品ソーシングアプリは、マーチャントが製品の発見と販売の機能をアプリ内で直接提供することで、幅広い製品を見つけて販売することができます。

A. プロダクトソーシング

  1. Product sourcing アプリは、マーチャントへの商品販売にBilling APIを使用することが免除され、代わりに PCI 準拠のゲートウェイを使用することができます。ただし、アプリに関連するその他のコストは、Billing APIを使用して請求する必要があります。

  2. アプリがマーチャントに代わって商品注文を履行する場合、支払い保留状態の注文を自動的に履行してはなりません。

  3. あなたのアプリは、マーチャントの Shopify 管理画面の商品ページにある Cost フィールドに商品のコストを追加する必要があります。

12. モバイルアプリビルダー

モバイルアプリビルダーは、マーチャントがオンラインストアをベースにモバイルアプリを作成することができます。

A. モバイル アプリ ビルダー

アプリを審査する際に、モバイルアプリビルダーとそのアプリの両方をテストし、すべての要件が満たされていることを確認します。

  1. アプリビルダーは、Partner Dashboardの App Settings エリアからSales Channelに変換されている必要があります。これにより、アプリビルダーが作成したモバイルアプリはチェックアウトを作成することができます。

  2. お客様のアプリはShopify App Bridge バージョン 2.0を使用しなければなりません。アプリが現在Embedded App SDK (EASDK)を使用している場合は、Shopify App Bridge を使用するように移行する必要があります。

  3. アプリビルダーは支払いを処理するために Shopifyウェブチェックアウトを使用しなければなりません。他の支払い方法は許可されていません。

  4. アプリビルダーはカスタマイズ可能なテーマビルダーを持っているか、マーチャントが選択できるプリセットテーマを含んでいる必要があります。

  5. アプリビルダーは、Apple App Store または Google Play store の開発者アカウントを作成する方法についての詳細な説明を提供する必要があります。

  6. アプリビルダーは、Apple App Store または Google Play store のアプリマーケットプレイスへの申請プロセスに関する情報を記載し、待ち時間やアプリの要件を加盟店に知らせる必要があります。

  7. アプリビルダーは、マーチャントにプライベート API 認証情報の提供を求めてはいけません。代わりに、StorefrontAccessTokenリソースを使用して、各ストアのストアフロントアクセストークンをプロビジョニングする必要があります。

  8. アプリビルダーによって作られたアプリは、認証された Shopify Admin API へのリクエストを行ってはいけません。アプリのシークレット キーと API アクセストークンは、モバイル デバイス上ではなく、安全な Web サーバー上に保存する必要があります。

  9. アプリビルダーによって作られたアプリは、OAuth アクセストークンを含んではいけません。Shopify Admin API へのすべての呼び出しは、安全な Web サーバーを介して行う必要があります。

13. 販売チャネル

販売チャネルアプリは、マーチャントがオンライン、モバイルアプリ、またはソーシャルメディアを通じて販売している商品を Shopify 管理画面からプラットフォームに公開することができます。

概要

マーチャントの視点から見た販売チャネルのライフサイクルを示した図は、「販売チャネルの構築を始める」を参照してください。

販売チャネルアプリの主な機能は以下のとおりです。

  • オンボーディングとアカウント接続: マーチャントがアプリをインストールする許可を得て、チャネルに接続します。
  • 製品の公開:チャネルに製品をインポートし、製品のエラーを管理して、マーチャントの製品カタログと同期します。
  • 支払いと注文の管理: チャネルの購入者からの支払いを受け付けて、マーチャントの注文を生成します。

A. オンボーディングとアカウント接続

  1. マーチャントは OAuth を使用してセールスチャンネルアプリをインストールし、セールスチャンネルはShopify App Bridge バージョン 2.0を使用して Shopify 管理画面に埋め込む必要があります。
  2. マーチャントが OAuth 経由で販売チャネルアプリをインストールした後、アカウントセクションのアカウント接続コンポーネントにリダイレクトされなければなりません。セールスチャネルのアカウントへの接続は、アプリの UI のモーダルウィンドウで行われ、Shopify の外で発生する必要があります。このプロセスが完了すると、マーチャントはチャネルに戻ります。詳細な例については、Build a sales channel onboarding and account connection flowを参照してください。
  3. セールスチャネルに資格取得ステップ、資格要件、または追加のオンボーディング要件がある場合は、これらをアカウント接続フォームに含める必要があります。

アカウントセクション

  1. 販売チャネルには、アカウント接続コンポーネントが常に表示されるアカウントセクションが必要です(「Sample channel」のようにチャネル名が表示されています)。
  2. 販売チャネルのアカウントセクションでは、マーチャントがアカウントを切断できるようになっていなければなりません。
  3. 販売チャネルのアカウント作成に承認プロセスがある場合は、バナーコンポーネントを使用してマーチャントに通知する必要があります。マーチャントが販売チャネルからの承認を待っている間、アプリは保留状態でなければなりません。
  4. 販売チャネルの承認または却下は、またはのバナーコンポーネントを使用してマーチャントに通知する必要があります。
  5. 販売チャネルのコミッションセクションは、カードコンポーネントとアノテーションされたレイアウトを使用して作成する必要があります。コミッションセクションには、コミッションレートが記載されています。コミッションセクションには、マーチャントへの請求方法と請求時期が記載されていなければなりません。
  6. 販売チャネルには、利用規約セクションが含まれている必要があります。このセクションのリンクは新しいウィンドウで開く必要があります。
  7. セールスチャネルのフッターには、新しいウィンドウで開くサポートページにリンクするヘルプフッターを設ける必要があります。サポートページには、ドキュメントやサポートの連絡先へのリンクが含まれていなければなりません。ヘルプフッターは Shopify 管理画面内の販売チャンネルの全てのページに表示されていなければなりません。

B. 製品の公開

  1. セールスチャンネルのパブリッシングセクションは、カードコンポーネントと、パブリッシングの例のスクリーンショットに示されている注釈付きのレイアウトを使用して作成されなければなりません。
  2. セールスチャンネルの公開セクションは、現在公開されている製品の数を表示し、それらの製品を表示および管理するための Shopify バルクエディタへのリンクを提供する必要があります。
  3. 販売チャネルの公開セクションでは、販売チャネルでの公開を妨げるエラーのある製品を報告する必要があります。
  4. 販売チャネルにおける商品の問題は、フィードバックメッセージバナーコンポーネントとResourceFeedbackリソースを使用してマーチャントに伝達されなければなりません。
  5. 販売チャネルは、ProductListingリソースを使用して、マーチャントによって公開に設定された製品を取得しなければなりません。

C. 支払いと注文の管理

Shopify では、様々な販売チャネルの構築方法をサポートしています。どのような方法で構築するかによって、誰が支払い処理、注文の履行、および返金に責任を負うかが決まります。

主な販売チャネルの種類は以下の通りです。

  1. Checkout API で販売チャネルを構築

  2. Checkout API を使用して、チャネルでの商品購入と注文の作成を可能にします。

  3. サードパーティによる決済処理が可能な場合は、販売チャネルを公開する前に決済テストを行う必要があります。

  4. Billing APIを利用して、マーチャントに課金する仕組みを実装します。

  5. カートパーマリンクを使った販売チャネルの構築

  6. カートにあらかじめ入っているアイテムを使って、顧客を Shopify のチェックアウトに導きます。

  7. Billing APIを使用します。売上のアトリビューションのために、ストアフロントアクセストークンを使用することができます。

D. ナビゲーションアイコン

  1. 販売チャネルには、SVG 形式の 16px×16px のナビゲーションアイコンをパートナーダッシュボードからアップロードする必要があります。
  2. アイコンは単色で、背景は透明でなければなりません。
  3. アイコンの SVG ファイルは 2KB 以下でなければなりません。
  4. アイコンの SVG ファイルには、許可されたタグ(circleellipseglinepathrectsvgtitle)のみを含めることができる。
  5. アイコンの SVG ファイルには許可された属性のみが含まれる: cx, cy, d, height, opacity, pathLength, points, r, rx, ry, version, viewBox, width, x1, x2, xlink:href, xmlns, y1, y2.

14. サブスクリプションアプリ

サブスクリプションアプリは、マーチャントが商品やサービスを複数の方法で販売することを可能にします。例えば、マーチャントは、製品を 1 回限りの購入、または定期的な購読として販売することができます。

A. ストアフロントの要件

一般原則
  1. サブスクリプションアプリのカスタマーフローは、デスクトップおよびモバイルデバイスの両方で適切に表示される必要があります。
  2. サブスクリプションアプリは、Shopify Theme Store で指定されたサポートされるすべてのブラウザバージョンと互換性がある必要があります。
  3. サブスクリプションアプリは、顧客に表示される価格と割引が正しい通貨と価格の丸めルールを反映するように、多通貨をサポートする必要があります。
  4. サブスクリプションアプリは、テーマの変更を自動化する必要があります。
  5. サブスクリプションアプリは、機能を反映するために正しい API スコープを使用する必要があります。詳細については、Shopify subscriptions overview および SubscriptionContract reference を参照してください。
  6. サポートされている各ブラウザでサブスクリプションアプリが機能しているスクリーンショットまたはスクリーンキャストを提供する必要があります。
商品ページ
  1. サブスクリプションアプリは、マーチャントの顧客にサブスクリプションの価格を明確に示す必要があります。このチュートリアルで説明されているように、これはスタンドアロンのウィジェットで行うことをお勧めします。
  2. 定期購入アプリは、マーチャントのお客様に、配送ごとの価格とプリペイドアイテムの単価を明確に示す必要があります。
カートページ
  1. サブスクリプションアプリは、ショップのコードベースがまだそうなっていない場合、カートページ販売プラン名を表示する必要があります。注意: Shopfiy のテーマストアでは、テーマがカートに販売プラン名を表示する必要があります。selling_plan.name を挿入しようとする前に、テーマの cart.liquid ファイルに selling_plan.name がすでに存在するかどうかを確認してください。
購入後
  1. サブスクリプションアプリには、カスタマーポータルへのナビゲーションが含まれていなければなりません。これは、注文ステータスページと、購入後にマーチャントの顧客に送信されるメールの両方で行われ、顧客がサブスクリプションを管理できるようにします。
カスタマーポータル

11. カスタマーポータルでは、各顧客が 1 回のログインで、サブスクリプションや注文履歴にアクセスできるようにする必要があります。 12. カスタマーポータルは、各顧客が購入したすべてのサブスクリプションを表示する必要があります。詳細には、関連する製品、配送頻度、価格、注文スケジュールが含まれていなければなりません。 13. カスタマーポータルには、マーチャントの顧客が定期購入をキャンセルするためのオプションが含まれていなければなりません。定期購入アプリでは、マーチャントはストアフロントの商品ページおよびカスタマーポータル上で購入条件を明確に伝えることができなければなりません。 14. カスタマーポータルは、マーチャントの顧客に対して、サブスクリプションに関連する支払方法を変更するオプションを提供する必要があります。

B. Shopify の管理者とアプリ内

プランのセットアップ
  1. マーチャントは、Shopify 管理画面の商品ページから、サブスクリプションとして必要な商品を作成管理できなければなりません。
エクステンションとサブスクリプション管理
  1. サブスクリプションアプリは、商品ページで商品サブスクリプションアプリのエクステンションを使用する必要があります。Shopify 管理者からのサブスクリプションプランへの変更はアプリに反映されなければなりません。
  2. サブスクリプションアプリは、マーチャントが Shopify 管理画面で製品サブスクリプションアプリエクステンションを使用してプランから製品を削除できるようにしなければなりません。
  3. サブスクリプションアプリは、Shopify 管理画面でサブスクリプションから注文顧客への直接リンクを含まなければなりません。
  4. Shopify 管理画面の注文顧客のページから購読アプリへのリンクは、正しい購読リソースに行かなければなりません。

15. Donation distribution apps

Donation distribution apps は、加盟店に代わって寄付金を集め、慈善団体に分配します。

  1. Donation distribution apps では、アプリのユーザーインターフェースを通じて加盟店から寄付金を集める際に、Billing API または PCI 準拠のサードパーティゲートウェイを使用する必要があります。
  2. Donation distribution apps で、加盟店が顧客からチャリティの寄付金を集めることができる場合は、アプリのユーザーインターフェースでチャリティステータスの証明を提供する必要があります。
  3. Donation distribution apps は、加盟店の顧客から集めた資金が登録された慈善団体に寄付されていることの証明を加盟店に提供する必要があります。税務署の領収書を証明として使用することはできません。
  4. Donation distribution apps は、Shopify のチェックアウトを通じてのみ、マーチャントの顧客から資金を収集する必要があります。
  5. アプリで作成した寄付商品は、マーチャントのオンラインストアフロントからデフォルトで隠されていなければなりません。

16.Payments apps

A. サードパーティ製ペイメントアプリの要件
サードパーティ製ペイメントアプリは、以下の要件に加えて、最低限の商品要件を満たす必要があります。

  1. 最低限のサポート要件 : 決済アプリは、最低でも、24 時間 365 日(24x7)、測定期間中の 99.95%以上の時間帯で動作し、利用可能でなければならない。また、故障や問題が発生した場合には、2 時間以内に対応しなければならない。決済アプリは、すべての加盟店に対してサービスサポートを提供しなければならない。
  2. API のバージョン管理 : Shopify の Payment Processing API のサポートされているバージョンを実装する必要があります。ペイメントアプリが Webhook の受信に使用する API バージョンを設定することができますが、GraphQL リクエストの送信には同じ API バージョンを使用する必要があります。API バージョンは、Shopify の一般的な API バージョニングタイムラインに沿って更新されます。
  3. レビューと承認 : 新製品の機能追加や新しい決済方法の追加など、既存の決済アプリの更新や変更は、レビューと承認のために提出する必要があります。
  4. 法律および規制の遵守 : カードネットワークのルールや適用される法律や規制に基づいて要求される条件、ガイドライン、承認プロセスを遵守する必要があります。
  5. スタンドアロンアプリの機能 : 決済アプリはスタンドアローンで機能し、データ収集のためにコンパニオンアプリを使用する必要はありません。
  6. 支払いのキャンセル : 購入者が支払いをキャンセルまたは放棄し、Shopify のチェックアウトに戻ることができるアプリでなければなりません。
  7. バイヤーフローのリダイレクト : デスクトップとモバイルデバイス上のアプリのバイヤーフローを更新し、Shopify のチェックアウトからアプリの支払いフローにリダイレクトし、Shopify の注文確認ページに戻るようにしなければなりません。

B. テストのための要件
ペイメントアプリをShopify App Storeに提出して審査を受ける際には、アプリ一覧にあるPart G. Testing instructionsに以下のテストの詳細を記入する必要があります。

  1. ペイメントアプリをインストールしたテストストア
  2. テスト用のペイメントアプリをインストールするために必要な認証情報(アクティベーションコードやログイン認証情報など)
  3. テスト用の支払いと返金の処理方法に関する説明
  4. 分割払い、延滞払い、3D セキュア認証(該当する場合)など、具体的なテストシナリオの説明
  5. サポートされている各ブラウザ上で、ペイメントアプリやペイメントフローがどのように動作するかを示すスクリーンキャスト

C. 禁止事項
ペイメントアプリは、以下の行為を行うことはできません。

  1. ペイメントアプリの API 以外の Shopify の API(Checkout APIAdmin APISubscription APIsを含む)を使用すること。
  2. 承認されていない目的のために支払資格情報を保存する。お客様は、Shopify が承認した元の取引またはサービスにのみクレデンシャルを使用することができます。
  3. Shopify のペイメントプラットフォームへの不正なアクセスを Shopify の承認なしに再配布、共有、譲渡、販売すること。ショピファイのペイメントエコシステムへのアクセスは、承認されたペイメントパートナーにのみ厳密に提供されます。
  4. 偽造または不正なマーチャント、注文、または売上を作成すること。
  5. ショピファイがすでに直接関係を持っている支払方法を処理すること。これには以下のものが含まれますが、これらに限定されません。Apple Pay、Google Pay、Shop Pay、PayPal、および Alipay。

D. ネーミングの制限
加盟店が追加の支払方法をできるだけ簡単に選択できるように、ペイメントアプリの名前を付ける際には、以下のルールに従う必要があります。

  1. 決済アプリの名前には、マーケティング用のテキストを含めることはできません : 例えば、「World's Best Provider: 例えば、「World's Best Provider: Get 50 payments methods」という名称は認められません。これは、マーチャントがストアに追加したい決済方法を選択するまで、ペイメントアプリの名前が表示されないためです。

  2. 決済アプリの名前は、パートナーが上位掲載を得るために使用することはできません : ペイメントアプリの一般的なアルファベット順のディレクトリはなく、マーチャントがナビゲートします。マーチャントは、追加したい支払い方法を使ってペイメントアプリを見つけることになります。
    この情報は、アプリをマーチャントにアピールするための唯一の情報であるため、提供される支払い方法と場所が正確であることを確認する必要があります。アルファベット順のリストで上位に表示されることを目的として作成されたと思われる名前は、許可されません。

17. 購入後のアプリ

購入後アプリを使用すると、マーチャントは購入後のページを複数の方法で Shopify チェックアウトに直接追加できます。たとえば、マーチャントはアップセルオファーや調査などのテキストベースのリクエストを作成できます。

一般的な要件:

  1. アプリは、購入後のリクエストを受け入れた後、お客様を注文確認ページに戻す必要があります。
  2. お客様に表示できる購入後のオファー/メッセージは最大 2 つです。
  3. アプリには、お客様が購入後のリクエストを承認または拒否する機能が必要です。
  4. 注文追跡情報やステータス機能を表示することはできません。
  5. 購入後の機能を使って、プロモーションや広告を表示することはできません。ただし、マーチャント自身のストアのプロモーションは例外です。

アップセルの要件:

  1. アップセルのオファーは、お客様が購入していることが明確でなければなりません。
  2. お客様は、アップセル製品のバリエーションを選択できなければならない。
  3. アップセル商品は、お客様の購入に関連するすべてのコストを明確にする必要があります。お客様が商品の数量やバリエーションを調整した場合、アプリはコストの変化を動的に反映しなければなりません。
  4. アップセル製品のオファーは、マーチャントのストアにある製品と同じ製品名、画像、コストを表示する必要があります。
  5. アップセル商品のテキストは、マーチャントが変更することはできません。アプリでは、さまざまなテキストのオプションを提供することができますが(例:"Take the deal"/"No thanks", "Buy"/"Decline offer" など)、これらをマーチャントが変更することはできません。

次のステップ

提出前のアプリのテスト - 審査のためにアプリを提出する前に、アプリをテストするための推奨されるベストプラクティスをご覧ください。

Shopify アプリのご紹介

Shopify アプリである、「商品ページ発売予告アプリ | リテリア Coming Soon」は、商品ページを買えない状態のまま、発売日時の予告をすることができるアプリです。Shopify で Coming Soon 機能を実現することができます。

https://apps.shopify.com/shopify-application-314?locale=ja&from=daniel

Shopify アプリである、「らくらく日本語フォント設定|リテリア Font Picker」は、ノーコードで日本語フォントを使用できるアプリです。日本語フォントを導入することでブランドを演出することができます。

https://apps.shopify.com/font-picker-1?locale=ja&from=daniel

Discussion

ログインするとコメントできます