💬

TypeScript環境構築

2 min read

はじめに

あくまで自分への備忘録とこの記事を残しますが、この記事を読んでくださった方のためになれば幸いです。
⚠エディタはvscodeです。他のエディターをお使いの方の役に立たない記事になっていることを予めご了承ください。
またTypescriptをvscode上で動かすことを目的とした記事となっていますので、webpackなどを使った本格的な環境構築でないことも先に述べておきます。


フォルダ、ファイルの作成

まずからのフォルダを作って、vscodeで開きましょう。また2つのファイル(index.html,app.ts)を作成します。
htmlのファイルですが、scriptタグにapp.jsを読み取ってください

scriptタグにdeferとありますが、これはhtmlファイルを解析してからjsファイルを実行してほしいということをブラウザに伝えるための属性です。


npm init

次にターミナルでnpm initとコマンドを打ちます。色々と聞かれますが、enterでスキップできます。するとpackage.jsonというファイルが作成されます。

lite-serverについて

続いて、ターミナルに戻ってnpm install --save-dev lite-serverと打ちます。ここで--save-devというのは、開発中だけ必要な依存関係であることを指します。言い換えると、完成品のコードに含めるものではないということです。
すると以下のようにpackage.jsonにlite-serverが追記されます。("start": "lite-server"は手打ちする必要があります。)
package.json

これでnpm startとターミナルで打つと自動でブラウザが立ち上がることになります。


tsc -w(watch)

最後にtypescriptからjavascriptへのコンパイルについてです。typescript(ここではapp.ts)が変更されるたびにtsc app.ts(app.jsへのコンパイル)をターミナルで打つのはあまりに面倒です。
そこでtypescriptでの変更を常に監視してくれるwatchモードが存在します。ターミナルでtsc app.ts -wと打つだけです。

ただこれではまだ問題があります。その問題というのが、特定のファイルを指定してあげないといけないということです。ここではapp.tsです。モジュールなどの概念をもとに一つのtypescriptファイルで事をなす事はありえません。複数のtypescriptファイルの監視、またjsへのコンパイルが必要となります。そこで次のコマンドをプロジェクトの一度だけ実行します。tsc --initです。するとtsconfig.jsonというファイルが作成されます。

このファイルを見てみるといろいろなオプションがあります。一つ一つの用途や意味はこちらの記事
tsconfig.jsonの全オプションを理解する(随時追加中)が参考になります。

これで特定のファイルを監視する必要はありません。コマンドにtsc -wと打つだけで複数のtsファイルの監視、jsへのコンパイルが可能になりました!

Discussion

ログインするとコメントできます