🙆‍♂️

めちゃ良かったです!フリーランスになって1年経ちました!(後編)

1 min read

この記事について

32歳ITエンジニアの猪俣貴裕です。
前編に続き、今回はフリーランスになってからの経験を書きます。
昔の僕みたいな将来に不安を抱えてるエンジニアに、可能性の1つとしてフリーランスがあるよってことを伝えたいです。その1つの事例として参考になったら嬉しいです😊

フリーランスになるまで

前編をみてね)

フリーランスになってから

フリーランスになって最初にしたこと

※事務作業(開業届の提出、請求書の作成など)は割愛し、個人的な内容が濃いものを書きます。

フリーランスになったので自分で案件獲得していくわけですが、開発案件って世の中に腐る程あるんですよね。笑
なのでまず、受ける案件のポリシーを決めました。
僕は「会社やだ!」って思ってフリーランスになったので、「やだ!と思ってることをしない」というポリシーにしました。
楽しくないものは作らない → 興味あるor勉強になるサービスだけ作る
時間拘束される仕事はしない → フレックス&フルリモートの仕事だけする
感じ悪い人とは仕事しない → 気持ちの良い人だけと仕事する
収入源を1つにしない → 常に複数の案件を持つ
これを達成するため、案件の条件設定と環境調査はかなり神経使っています。
条件が合わないければ絶対に受けないです。
だってイヤじゃないですか、やだと思ってることを自分で選択するなんて😂

あとは、実家に帰りました。
僕は「お金が減らない」ってことがかなり精神安定剤だったんですよね。
やっぱフリーランスでやっていくのって怖いし、満足する状態でやっていけるかって半信半疑じゃないですか。
なので「あ、オレいけるわ」って状態になるまでの半年間は実家に住ませてもらっていました。

フリーランスになって良かったこと

フリーランスになって良かったことは、めちゃあります!
「全部です、以上。笑」って感じなんですが、強いて言うなら4つです。

  • 開発が楽しくなった
    案件を選ぶことができるので、自分にとって楽しいものが開発できます。すごく当たり前のことですが、開発が楽しいってエンジニアにとって本当に幸せなことですよね。

  • 時間が増えた
    フルリモートになって通勤時間がなくなったのは大きいです。意味のないミーティングがなくなったこともかなり大きいです(精神的にも笑)。

  • 人間関係が良好になった
    自分で案件選ぶ(=自分で一緒に働く人選ぶ)ことができるので、僕のまわりにはパワハラ上司とか理不尽な人とかはいません。人間関係のストレスなく働けるってホント幸せです。

  • 収入が増えた
    収入源が複数あるので、会社員と比べるとだいぶ増えます。税金の知識も増えてくるので、節税の効果も大きいです。

今後のキャリアについて

自分で言うのもアレなんですが、僕は基本的には頑張り屋さんなので、成果は出してるし、収入も増えました。自分で選んだ案件をしているので、仕事も楽しくしてます。

そんなフリーランスとしてブイブイ言わせてる僕ですが、不安もあります。
「いつまでフリーランスエンジニアやるんだろ(できるんだろ)?」ってことです。
これってみんな不安だと思うんですよね。僕も不安です。

そんな不安を抱えているのと同時に、僕の場合は、関わる人に経営層が増えてきました。
そうなると「自分もそっち側にいきたいな」って思ってくるんですよね。
なので自然とフリーランスエンジニアの先を考える時間と行動する時間が増え、今はそれが見えてきました。

まだ準備中ですが、今後はフリーランスエンジニアの先に進んでいきます!
そして、キャリアの1つの事例として発信していきます!

Discussion

ログインするとコメントできます