🍳

Reactのコードを書くときに考えること #記事まとめ

commits1 min read
React の流儀

React のすばらしい特長がいくつもありますが、あなたがどんなアプリを作ろうかと考えたことが、そのままアプリの作り方になる、というのはそのひとつです。本ドキュメントでは、検索可能な商品データ表を React で作っていく様子をお見せしましょう。

https://ja.reactjs.org/docs/thinking-in-react.html
react-philosophies

・Reactのコードを書くときに考えていること。
・他の人のコードや自分のコードをレビューするときにいつも頭の片隅にあること
・ガイドラインであり、厳密なルールではない
・生きたドキュメントであり、私の経験とともに進化していくものです。
・基本的なリファクタリング手法、SOLIDの原則、エクストリームプログラミングのアイデアのバリエーションであるテクニックが中心で、特にReactに適用しています🙂。

https://github.com/mithi/react-philosophies
Bulletproof React

このレポの目的は、Reactアプリケーションを開発する際のリソースとグッドプラクティスのコレクションとして機能することです。アプリケーションの現実的な問題のほとんどを実用的な方法で解決することを紹介し、開発者がより良いアプリケーションを書くのを助けることを想定しています。

https://github.com/alan2207/bulletproof-react
https://zenn.dev/meijin/articles/bulletproof-react-is-best-architecture
Engineer Learning Resources

Wantedlyのソフトウェアエンジニアのインターンや社員として働き始める前に、勉強しておくとよい教材集

https://github.com/wantedly/learning-resources/blob/master/frontend.md
Naming cheatsheet

物の名前をつけるのは難しい。このシートはそれを簡単にすることを試みています。
これらの提案はどのプログラミング言語にも適用できますが、ここではJavaScriptを使って実際に説明します。

https://github.com/kettanaito/naming-cheatsheet

useEffect完全ガイド

https://overreacted.io/ja/a-complete-guide-to-useeffect/
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます