👋

Pythonではどんなアプリケーションが作れるのか?

2021/04/28に公開

企業のホームページや業務システム、Web上へのSNSやブログ、掲示板の作成といったWebページ、Webサービスを作成することができる。
さらに、DjangoやFlaskといったフレームワークを利用することで効率的に開発をすることが可能。
ただし、WebアプリケーションにおいてはHTML/CSS、Javascriptなど他の技術と組み合わせて利用することが一般的。
また、HTML通信を利用するという意味ではWeb上からデータを抽出するWebスクレイピングにもPythonは利用可能。
専用のライブラリも開発されており、ネット上でスクレイピングプログラム作成のための情報が提供されている。

Pythonをよく使用する仕事4選

Pythonを活用する仕事の種類としては下記の4種類が挙げられる。

・人工知能(AI)エンジニア(AI・機械学習の技術を利用したサービス開発など)
・Webアプリケーションエンジニア(Webサービスメディアのシステム開発など)
・データサイエンティスト(Webサービスのデータ分析など)
・マーケティング(スクレイピング・画像解析・自動化などによる情報分析)

Discussion