📚

エンジニアが使うべき英語学習ツール

2022/11/12に公開約1,000字

日本における「つよつよエンジニア」とは。

人によって様々な意見があるとは思いますが、私は一つの条件として
「海外のテック動画をさくさく見れる」ことが必要だと考えています。

そこで、つよつよエンジニアになるために、私が日々使っている英語学習ツールをお伝えします。

TANZAM

TANZAMはよくある英単語勉強アプリですが、他のアプリと違うところは
長期記憶サポートに特化しているところかなと。
いろいろ英単語勉強アプリを使ってみましたがこれに落ち着きました。

■ TANZAMのいいところ

  • 復習すべき単語を勝手にリスト化して出題
  • 問題に絵があるので視覚的に覚えられる
  • 問題が文章で出題されるので、実際の使い方がわかる
  • アプリ内で詳細に単語検索ができる

新しい単語を勉強すると、数日後に復習問題として勝手に出題されます。
一回だけではなく何回も出題されるので、記憶定着するまで問題を解くことができます。

また、アプリ内の単語検索の使い勝手が良く、未学習・学習中・習得済といった具合で検索できるのが地味に便利です。

android版がないのが残念なところ、、、

Quizlet

Quizletは自分で単語帳が作れるサービスです。
自分で単語帳が作れるサービスも何個か利用してみましたがこれに落ち着きました。

■ Quizuletのいいところ

  • 英単語を追加すると日本語訳を自動補完してくれる
  • ブラウザ版・アプリ版があるのでシーンごとに使い分けできる
  • 他人の単語帳をインポートして利用できる

とにかく日本語訳自動補完機能が便利。
他の翻訳サービスで検索してくる手間を省けます。

また、普段パソコンを触っているエンジニアにとっては、ブラウザ版があることも嬉しい点。
パソコン作業中にアプリを開いて英単語を登録する必要がありません。
単語帳はアカウントに紐づいているので、ブラウザで登録した単語はアプリでも見れます。

おわりに

他にも紹介したいサービスがありますが、初記事執筆で疲れたので、また別記事で紹介します。
継続優先で記事投稿していきます!

Discussion

ログインするとコメントできます