Closed4

Webを支える技術 所感

JSONのエンコーディングは特別な理由がない限りはutf-8でやるのが無難

405 Method Not Allowed

許可してないMethodでrequestが来た場合は
405 Method Not Allowed で返すべき。

202 Accepted

処理に時間がかかるリクエストが来たときに返すレスポンス。
indexの再構築リクエストとか、時間のかかる分析リクエストに対するレスポンスに使える。

412 Precondition Failed

条件付きリクエストでクライアントが指定した事前条件が、サーバ側で合わんことを示してる。
楽観的ロックで使用される。
例)Wikiなどを編集しようとした際

  1. 編集前のresource のETagをGETで取得
  2. If-Match ヘッダにETagの値をつけて、If-Match したらこのPOST || PUT のリクエストを実行
    というように使用する。

同様の手順でIf-Last-Modified-Since で変更されてないか確認もできる。

このスクラップは2021/10/30にクローズされました
作成者以外のコメントは許可されていません