NITIC20sへのVSCode使い方

公開:2020/09/26
更新:2020/09/26
3 min読了の目安(約1900字TECH技術記事

VSCodeの使い方とか

この記事はNITIC20sのプログラミングを始めたい人向けに書いています。

プログラミングをするにあたって、専用のエディタ等があると便利です。
今回はVSCodeのインストール方法、初期設定等について説明します。
プログラミングに慣れてきたら、自分にあったものをさがしてみるのもいいと思います。

インストール

まず、こちらのサイトから、VSCodeをダウンロードしてください。
VSCodeです。VScodeとかvscodeとか書くと怖い人から怒られるので気をつけましょう。

ダウンロードしたら、.exeをダブルクリックしましょう。
基本は指示通りに進めていけば問題ないですが、一点だけ。
下の画像のチェック欄の画面ですが
これは、すべてにチェックを入れることを推奨します。すべて、です

起動・拡張機能

インストールが完了したら、VSCodeを起動してみましょう。
起動すると初期画面はおそらく英語になっていると思います。

日本語化してみましょう。
【Ctrl + Shift + X】を押して、拡張機能を管理する画面を出します。
左上の検索窓に、「Japanese」と入力して、一番上に出てくるこちらをインストールしましょう。

また、Pythonを使用しやすくなる拡張機能も導入してみましょう。
左上の検索窓に「Python」と入力して、上から四番目くらいに出てくる「Python Extension Pack」をインストールしましょう。
似たようなものがいくつかありますが、下の写真と同じものをインストールしましょう。

この拡張機能を入れることにより、VSCode右上に三角マークが表示され、そのボタンを押すことでVSCode上でPythonファイルを実行できるようになります。

フォルダの作成

【Ctrl + Shift + E】を押して、エクスプローラーを開きます。
開いたら、【Ctrl + K】を押して、【Ctrl + O】を押します。そうすると、フォルダの選択画面になります。

基本的に、一つのフォルダで一つの作業をします。
適当にフォルダを作成して、フォルダーを開いてみましょう。
VSCodeで、フォルダーが開かれます。(表現が不適切かもしれません。ごめんなさい)
このような画面になると思います。今回は、PYTHONというフォルダを開いてみました。

開いたフォルダを選択すると、このように、4つメニューが出ます。

左から
[新しいファイルを作成]
[新しいフォルダーを作成]
[エクスプローラーを更新する]
[エクスプローラーのフォルダーを折りたたむ]
です。

[新しいファイルを作成] を押して、新しいファイルを作成してみましょう。
名前はhello.pyとします。

中身は

print("HelloWorld")

としてみます。

【Ctrl + S】で保存して、右上の▶マークを押してみましょう。そうするとターミナルが開いて、

このように表示されれば成功です。

簡単に説明しました。わからないことがあれば、こちらまで、連絡してください