なぜReact JSを使うの

1 min読了の目安(約1400字TECH技術記事

React Webフレームワークを使用して美しいユーザーインタフェースを構築する方法を理解しましょう。

最新の調査を見ると、React JSが一番人気であり、

Reactの最も良い点は、これらの繰り返し要素を作成するのが非常に容易になることです。

例えば、ここではWebアプリケーション全体を内部のコンポーネントとして表現し、NAVを持っています。

カスタマイズ可能なBarコンポーネント、todolistコンポーネントを持っています。その中にはlistitemコンポーネントがあり、チェックボックスがあり、ItemTextコンポーネントがあり、それぞれを再利用してカスタマイズできるので、最終的には少ないコードを書くだけでより美しいユーザーインタフェースを作成します。

Reactには、さまざまなコンポーネントがあります。

そのため、実際には自分のカスタムHTML要素を作成し、スタイルと定義を定義しているようなものです。

それぞれの機能があります。あとは、HTML要素のように全体構造に挿入して、コードを

Webアプリケーションは非常に清潔で、再利用とモジュール化が可能です。

昔のウェブサイト構造は下記となります。

Reactは、これらのタイプのファイルの数を1つのコンポーネントに統合し、各コンポーネントが独自のスタイルを持つようにします。

それは自分で制御する機能で、いくつかのコンポーネントを作成してそれぞれ実行することができます。

これは明らかに効率的で、Webアプリケーションのインタラクティブ性と高速性を向上させます。

もちろん、現在Reactは唯一のフロントサイドフレームではありません。

このGoogleトレンドグラフを見ても、人々が検索していることが表示されています。

これらのことから、Reactは過去2年間でAngularとVueを明らかに上回っていることがわかります。

Stack Overflow調査を見てみると、現在最もポピュラーなWebフレームワークはReact JS Just

しかし、これはすべてではありません。Reactは必要な場所に大量に使用されているからです。

例えばAirbnbやUber、Facebook、Netflixなどで採用された多く運用しています。