❤️

テキストエディタ界隈まとめ 4 月

2020/09/17に公開約1,500字

EmEditor は老舗のテキストエディタの一つです。
CSV の表示が優れていること、巨大ファイルへの対応など独自機能を実装しているので
注目しています。

Eclipse Foundation が作成したテキストエディタ。
VSCode に対抗しており、VSCode の拡張機能をサポートしたり LSP にも対応しているよ
うだ。

キーワードの定義または他の使用場所にジャンプできる。タグジャンプの拡張を行うプ
ラグインと思えばよいです。

Fugitive と連携できる git のブランチビューワらしいです。

VSCode の拡張機能の紹介です。いろんな拡張機能があって便利そう。

completion-nvim という補完プラグインの treesitter source のようです。
当然 neovim 専用。treesitter の構文解析機能により補完を行うようです。
treesitter のパーサーをインストールすることで様々な言語に対応。
lsp とは異なるアプローチの補完で興味深いですね。

バッファの変更を通知するプラグイン。
terminal バッファの出力を監視しているときに便利だと思います。

同じインデントに縦移動するプラグイン。
if endif の対応や html タグに飛ぶことができます。

Popup window を利用した履歴プラグインです。Most Recent Used ではなく、Most
Recent Write となっていて、若干実装が単純になっています。

vim-dadbod による SQL 自動補完を行うプラグインです。
coc, deoplete に対応し、omnifunc を設定することでプラグイン無しでも補完が可能。

pcap のバイナリファイルを編集するためのプラグインのようです。
vinarise のライバルでしょうか、なるほど。

Discussion

ログインするとコメントできます