⌨️

Xcode ショートカット - タブ編

3 min read

以外と知られていない Xcode タブのショートカットについてまとめました。
指先を摩擦から守るために、トラックパッドに手をのばすのを止めてキーボードで操作してみてはどうでしょうか。

用語

初めに本記事で使用する用語を示します。

Xcode のウインドウ表示領域は以下のような階層構造になっています。

この記事ではそれぞれ ウインドウタブ (Window Tab), エディタ (Editor), タブ (Tab) と呼ぶことにします。

ファイルを開く

Key Command
⌘ + ⇧ + O, Enter ファイルをタブで開く
⌘ + ⇧ + O, ⌥ + Enter 次のエディタでファイルをタブで開く
⌘ + ⇧ + O, ⌥ + ⇧ + Enter エディタを選択してファイルをタブで開く

ファイルをタブにキープする

ファイルは一時的なタブとして表示し、一時的なタブは1エディタに最大1つしか存在できません。
別のファイルが開かれる場合は一時的なタブの内容が切り替わってしまいます。


ファイル1 → ファイル2 → ファイル3 と順番に開いてもファイル3しかタブに残らない

一時的なタブをエディタに留めておきたい場合は次の操作を行います。

Key Command
⌘ + ⌥ + O, Enter タブをキープする

222

タブの移動と操作

Key Command
⌘ + ⇧ + ] 次のタブへ移動
⌘ + ⇧ + [ 前のタブへ移動
⌘ + W タブを閉じる
⌘ + ⌥ + W 他のタブをすべて閉じる

閉じる操作に ⌥ (option) を付けると他のすべてを閉じる操作にスイッチするのはエディタ・ウインドウタブも共通です。

エディタの操作

Key Command
⌘ + ⌃ + T 新しいエディタを開く
⌘ + ⌃ + ⇧ + W エディタを閉じる*1,*2
⌘ + ⌃ + ⇧ + ⌥ + W 他のエディタをすべて閉じる*1

*1: ⇧ (shift) と ⌥ (option) は 右shift, 右option を使うのがコツです。
*2: ⌃ (ctrl) を押し忘れると ⌘ + ⇧ + W (ウインドウを閉じる) に化けるので注意しましょう。

Open/Close で ⇧ (shift) の有る無しの対応が取れて無くて手になじまなかったら以下のようなショートカットに remap ることを個人的にはオススメします。

Key Command
⌘ + ⌃ + T 新しいエディタを開く
⌘ + ⌃ + W エディタを閉じる (旧: Close Document)
⌘ + ⌃ + ⌥ + W 他のエディタをすべて閉じる (旧: Close Workspace)

フォーカス

エディタの表示領域を確保したい場合に重宝します

Key Command
⌘ + ⌃ + ⇧ + Enter 現在のエディタにフォーカス

エディタの移動

Key Command
⌘ + ` 次のエディタへ移動
⌘ + ⇧ + ` 前のエディタへ移動
⌘ + J エディタを選択して移動

⌘ + J は自分は使いませんが、エディタを縦横に分割している人には是非活用してほしいですね

ウインドウタブの操作

Key Command
⌘ + T 新しいウインドウタブを開く
⌘ + ⇧ + W ウインドウタブを閉じる
⌘ + ⇧ + ⌥ + W 他のウインドウタブをすべて閉じる

ウインドウタブの移動

Key Command
⌘ + Tab 次のウインドウタブへ移動
⌘ + ⇧ + Tab 前のウインドウタブへ移動

ウインドウタブのその他

自分は使わないですが、こういうこともできます。

Key Command
⌘ + ⇧ + ⌥ + T ウインドウタブに名前を付ける

Key Command
⌘ + ⇧ + \ 全てのウインドウタブを表示

Discussion

ログインするとコメントできます