Chapter 23

さらに下書き

shiozumi
shiozumi
2021.07.12に更新

それでは、BIOSの探検Go!

https://www.pc-master.jp/mainte/bios.html

まずは、前回に引き続き、こちらのサイトを使って説明していきます。
動画中に出てきたROMについての説明は、また、後ほど致しますね。

https://youtu.be/boIwMnWPEhg

ひとまず覚えて欲しい、BIOS関連の用語

  1. BIOS設定画面の起動・・・接続機器の情報確認、機器の設定を行う。
  2. BIOSはマザーボードの不揮発性メモリに格納さえている(フラッシュメモリ)
  3. BIOSのアップデート・・・新しい規格のパーツ(CPU,Memory)などを差し替えるときに更新する必要が出てくる。もしくは、BIOSプログラムの自身のバグフィックスなど。
  4. POST(Power On Self Test)・・・電源投入時、各パーツの動作テストを行う。
  5. UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)・・・従来のBIOSを拡張した、新しいインターフェース仕様。
  6. BIOSブログラムは、HDDなどの起動デバイス(補助記憶装置)から、OSを選択し、起動するところまでを行う。
  7. OS起動後も、OSと各パーツの間に入り、データーの入出力の仲介を行う。
  8. BIOSでは、システムディスクのパーティション形式が、MBRとなる。
  9. UEFIでは、パーティション形式が GPTとなり、EFIパーティションと呼ばれている。
  10. ビープ音・・・電源を入れたとき、正常に動作すると、ピッー! っと鳴る。

もしも、電源を入れてもピープ音が鳴らないときは? そもそも、スピーカーを接続し忘れたり、繋ぐピンを間違えることもありますので焦らずに。(^▽^;)

完全解説|MBR と GPTの違い(上級者向け)

https://jp.easeus.com/partition-manager/mbr-gpt-features-differences-convert-methods.html

上級者向けですが、興味がある人、時間がある人は、こちらも自己学習してみましょう!

UEFIとは、UEFI仕様準拠のBIOSです。

2005年ぐらいから、UEFI(Unified Extensible Firmware Interfaceの略)という仕様が策定されました。これによって既存のBIOSを元にして機能を拡張、共通したユーザーインターフェース仕様ができました。尚、UEFI仕様は業界団体、非営利法人UEFIフォーラム(Unified EFI Forum)の下で開発されています。

https://uefi.org/

こちらについても、後日説明していきますが、BIOSは、16ビットモード(リアルモード)、UEFIは32ビットモード(プロテクテッドモード)です。

msinfo32 の画面を、各自で確認!

動画の中でも説明した、msinfo32 の画面は、こちらです。 みなさんも、Windowsの検索窓に入力してみましょう!

次は、Wikiのページ!(復習も兼ねて、深堀!)

https://ja.wikipedia.org/wiki/Basic_Input/Output_System

SCSIカードなどのレガシーな情報もあり、やや、古臭い感じもしますが、それなりに学習になりますよ!(^▽^;)

概要のまとめ。(;^_^A

  1. 近代的なオペレーティングシステム (OS) はこの抽象化層を使用せず、OSのデバイスドライバで、直接制御する場合が多い。
  2. OS起動後はBIOS割り込みルーチンを使用しない。
  3. BIOSは、デバイス(HDD,Memory,Mouse,etc)とチップセットのインタフェースを担う。

ハードウェアアクセスの共通化のまとめ。(;^_^A

  1. マザーボード側のBIOSをSystem BIOS、拡張カードのBIOSを拡張BIOSと区別して呼ばれる。
  2. 共通インタフェースは、アプリケーションバイナリインタフェース(ABI)と呼ばれる。
  3. マルチタスクOSではデバイスドライバが処理を行う。
  4. アプリケーションはOSのシステムコールを利用する。

ちょっと、頭の中が混乱してきましたね。(^▽^;) BIOSも、System BIOSと拡張BIOSの2つに区別することは、まあ、~わかるとして、デバイスドライバーと、BIOSとの関係、役割分担などは、実際どのようになっているのか、もう少し調べる必要が出て来ましたね。

デバイスドライバー?

https://ja.wikipedia.org/wiki/デバイスドライバ

パソコン(PC)の森!(o^―^o)ニコ

https://pcnomori.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

こちらのページも、分かりやすいので、見て行きましょう!

BIOSの動作と処理の流れ(まとめ)

  1. 電源を制御、各パーツに電源を供給する。
  2. 自己診断機能 POST(Power On Self Test)各パーツが正常に動作するかの確認
  3. 起動デバイスから、ブートローダーを読み込む。
    ※ HDD(SSD)、CD-ROM、USBメモリ、ネットワーク経由でも可能です。

BIOSのアップデートについて

https://www.pc-master.jp/mainte/bios-update.html