Open35

月刊フィントーク輪読会 How to Make Money in Stocks Chapter 4

P168

  • 過去3年間で、増加している1株当たりの年間利益(EPS)を探す。
  • 年利成長率が25%~50%の銘柄を選ぶ。
  • 1980年から2000年の間、成長している企業のうち、3年間、場合によっては大暴騰する前の5年間に少なくとも何らかのプラスの年間成長率の中央値は36%。

自己資本利益率(ROE:Return on Equity)

  • 自己資本(純資産)に対してどれだけの利益が生み出されたのかを示す、財務分析の指標。
  • 優秀な企業だと25%から50%のROEになる。

ROE(%) = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100
ROE = 売上高純利益率 × 総資産回転率 × 財務レバレッジ

P171

  • 歴史上、Bull Marketは2〜3年続く。
  • Bull Marketの初めの方では、若手成長株が牽引し、後からシクリ株のターンになる。
  • シクリカル銘柄の上昇は短命傾向。

Should you decide to buy a turnaround stock, look for annual earnings growth of at least 5% to 10% and two straight quarters of sharp earnings recovery that lift results for the latest 12 months into or very near new high ground. Check the 12-month earnings line on a stock chart; the sharper the angle of the earnings upswing, the better.

どゆこと?

The EPS Rating measures a company’s two most recent quarters of earnings growth against the same quarters the year before and examines its growth rate over the last three years. The results are then compared with those of all other publicly traded companies and rated on a scale from 1 to 99, with 99 being best. An EPS Rating of 99 means a company has outperformed 99% of all other companies in terms of both annual and recent quarterly earnings performance.

兎にも角にもEPS。

  • 前年の同じ四半期と比べる。
  • 直近2四半期の収益成長率を測定する。
  • 過去3年間の成長率を調べる。
  • 1~99までのスケールで評価する。どうやって?

アウトパフォーム: ファンドや個別銘柄、ポートフォリオなどの運用成績がベンチマークとする指標を上回っていること。例えば、ベンチマークが20%下落する中、あるファンドでは下落率が10%だった場合、基準価額はマイナスでもアウトパフォームになる。

P174-175

  • PEは値動きに関連しない。
  • PEは買うべきか売るべきかの判断にはならない。
  • Bull MarketではPEが高く、Bear MarketではPEは低い?
  • 大事なのはEPSの増加率。

PEはPERのこと?

PEはPERのこと?

株価収益率 - Wikipedia によると、

日本では頭字語をとった略称のPERと表記するのが一般的である。アメリカ合衆国ではP/EないしPEと表記するのが一般的

とかいてあるので、そうなんでしょうね

P176

One way I do sometimes use PE ratios is to estimate the potential price objective for a growth stock over the next 6 to 18 months based on its estimated future earnings.

PE 比を使用することもある。
6ヶ月から18ヶ月の間の成長株の潜在的な価格目標を推定する。

  • 2年間の収益の見積もりを取る。
  • 最初のチャートのベースとなる買いポイントで株式のPE比率を掛け合わせる。
  • 成長株に大きな値動きがあった場合に平均的に可能なPEの拡大の度合いを調べる。
  • ブルマーケットや特定の成長株の中には、PEの拡大がないものもある。

安いPEは過小評価され、魅力的な株と結論づけられることがあるが、実際は、悲惨な😇収益記録をもつ会社に属します。

すべてのものは、需要と供給の法則に基づいている。

株価収益率 = 株価 ÷ 一株当たり当期純利益
なので、いっけん良さそうに見えますよね。

該当の
The Wrong Way to Analyze Companies in an Industry
を読んでみたましたがいまいちピンと来なかったです・・・

ただ、途中に書いてあった

keep in mind that cyclical stocks normally have lower P/Es, and that, even good periods, they do not show the P/E expantion that occurs in growth stocks

は、へーと思った。

The fact is, investors with a bias against what they consider to be high PEs will miss out on some of the greatest opportunities of this or any other time. During bull markets, in particular, such a bias could literally cost you a fortune.

PEが高いと思って嫌煙していたら損するぜ!ということかな?
違うかな?(日本語版ではどうでしょう。P178)

  • 過去3年間の売上高と利益が大幅にUPしている銘柄を購入しましょう。
  • 直近の四半期後との業績が好調で、株主資本利益率が高い銘柄を選びましょう。

収益、売上高、株主資本利益率!
earnings / sales / return on equity

P168

A=Annual Earnings Increase: Look for Gib Growth
年間の増益:大きな成長を探せ

strong current quarterly earnings are critical to picking most of the market's biggest winners.

現在の好調な四半期収益は、市場で最も大きな成功を収めている企業を選ぶために不可欠

P. 168

To make sure the latest results aren't just a flash in the pan, and the company you're looking at is of high quality, you must insist on more proof.

最新の結果が一時的なものではなく、あなたが見ているその会社が高品質なものであることを確認するためにに、より多くの証拠を求めなければならない。

reviewing the company's annual earnings growth rate.

そのためには会社の年間収益成長率を見直すことだ。

Look for annual earnings per share that have increased in each of the last three years.

過去3年間それぞれについて年間EPSを調べよ。

P. 168

It's the combination of strong earnings in the last several quarters plus a record of solid growth in recent years that creates a superb stock, or at least one with a higher probability of success during an uptrending general market.

過去数四半期の好業績と近年の堅調な成長の組み合わせ、あるいは、少なくとも上昇傾向にある一般市場での成功確率が高い銘柄が優れた株となるのである。

P. 170

What is a normal stock market cycle?

通常の株式市場のサイクルとは。

History demonstrates most bull (up) markets last two to four years and are followed by a recession or a bear (down) market. Then another bull market starts.

歴史的に見て、ほとんどの強気相場は2~4年続き、その後に不況や弱気相場が続く。そして、その後、また強気相場が始まる。

P 171

In the beginning phase of a new bull market, growth stocks are usually the first to lead and make new price highs. These are companies whose profits have grown quarter to quarter, but whose stocks have been held back by the poor general market conditions.

新たな強気相場の初期段階では、成長株が通常、先行して新たな高値をつける。これらの企業は、四半期ごとに利益が増加しているものの、全般的な市場環境の悪さによって株価が低迷していた。

The combination of a general market decline and a stock's continued profit growth will have compressed the price/earnings (P/E) ratio to a point where it is attractive to institutional investors, for whom P/Es are important.

一般的な市場の下落と株式の継続的な利益成長が組み合わさって、株価収益率 (P/E) を重視する機関投資家にとって、魅力的な水準にまでPEが圧縮される。

The wrong way to analyze companies in an Insudustry:

  • 同業種内で、もっとも低いPERで取引されている銘柄が、最も魅力的(お買い得)な銘柄だと結論付けるのは間違ってる
  • PER=1株当たりの当期純利益(単に1株当たり利益、1株益ともいう)」の何倍になっているかを示す指標
  • PERが低いのは、だいたい ghasty ((身の毛のよだつほど)恐ろしい) earnings record のせい
  • 画商のJoseph Duveen の例:レンブラントの絵を高くかって、ヘンリー・フォードに更に高い値段で売った。良いものを仕入れるのはカネがかかるのは当たり前。安物を買うのは簡単、でも安物は安物。良い値段では売れない。良いものを高く仕入れて、高く売れ、という教訓

P. 171

Cyclical stocks in basic industries such as steel, chemicals, paper, rubber, autos, and machinery usually lag in the new bull market's early phase.

鉄鋼、化学、製紙、ゴム、自動車、機械などの基幹産業の循環的在庫は、通常、新しい強気市場の初期段階では遅れる

P. 171

Young growth stocks will typically dominate for at least two bull market cycles. Then the emphasis may change to cyclicals, turnarounds, or other newly improved sectors for a short period.

若い成長株は通常、少なくとも2回の強気相場サイクルの間、市場を支配する。その後、短期的には景気循環株や企業再生株、その他の新たに改善したセクターに重点が移る可能性がある。

cyclicals= 景気循環株
turnarounds = 企業再生株

While three out of four big market winners in the past were growth stocks, one in four was a cyclical or turnaroud situaltion.

過去の市場の勝者4つのうち3つが成長株であったのに対し、4つに1つは景気循環株あるいは企業再生株だった。

Cyclicals including paper, aluminium, autos, chemicals, and pastics returned to the fore in 1987, and home-building stocks, which are also cyclical, have led in other periods.

1987年には、紙、アルミニウム、自動車、化学品、プラスチックなどの景気循環株が台頭し、それ以外の時期では、同様に景気循環株である住宅株がけん引した。

  • 景気敏感株(製紙・アルミニウム・自動車・化学・プラスチック・住宅建設産業等)は株価上昇しても長く続かなかったり、不景気や収益後退が近づくとまず先陣を切って交代する傾向
  • 企業再生株は少なくとも年間EPSの増加率が5〜10%を示し、さらに2四半期連続で急速にEPSが回復して直近12ヶ月のEPSを最高水準まで上昇させている企業を選ぶべき(12ヶ月のEPSの推移をチャートにし、EPSの増加率が急であるほど好ましい)
  • 3年連続のEPSの増加を銘柄選択の条件にすると、それだけで特定の業界の8割の銘柄を排除することができる
  • 過去3年間のEPSの増加が30%の企業でも、直近の数四半期のEPSの増加率が10〜15%程度に減速している銘柄は、成長が止まった成長株
  • (まとめ)年間EPSと当期EPSがともに増加率の高い銘柄を見つけるのがいい

P171

Yet even cyclical stocks are in favor, some pretty dramatic young growth issues are also available. Cyclical stocks in the United States are often those in order, less-efficient industries. Some of these companies weren't competitive until the demand for steel, copper, chemicals, and oil surged as a result of the rapid buildup of basic industries in China. That's why cyclicals were resurrected aggressively after the 2000 bear market ended in 2003.

しかし、シクリカル銘柄であっても、かなり劇的な若手成長株もある。米国のシクリカル銘柄は、古く効率の悪い産業に属する企業が多い。これらの企業の中には、中国における基礎産業の急速な発展の結果、鉄鋼、銅、化学品、石油などの需要が急増するまで、競争力がなかった企業もある。2000年の弱気相場が2003年に終わった後、シクリカルが積極的に復活したのはこのためである。

They are still cyclical stocks, however, and they may not represent America's true future. In addition, large, old-line companies in America frequently have the added disadvantage of size: they are simply too large to be able to innovate and continually renew themselves so that they can compete with nimble foreign rivals and with America's young new entrepreneurs.

しかし、これらは依然としてシクリカル銘柄ではあるが、アメリカの真の未来を表すものではないかもしれない。また、アメリカの老舗の大企業は、規模が大きすぎるために、海外の機敏なライバルやアメリカの若い起業家に対抗するためのイノベーションや継続的な自己革新を行うことができないというハンディを抱えていることが多い。

P171

Rallies in cyclical stocks may tend to be more short-lived and prone to falter at the first hint of a recession or an earnings slow down. Should you decide to buy a turnaround stock, look for annual earnings growth of at least 5% to 10% and two straight quarters of sharp earnings recovery that lift results for the latest 12 months into or very near new high ground.

景気循環株の上昇は短期的で、景気後退や業績悪化の兆候が見られた場合には、低迷する傾向がある。企業再生株を購入する際には、少なくとも5%から10%の年間収益成長率と、2四半期連続の急激な収益回復により、直近12ヶ月の業績が過去最高もしくはそれに近い水準に達していることを確認すべきである

Check the 12-month earnings line on a stock chart; the shaper the angle of the earnings upswing, the better.

株価チャートの12ヶ月間の収益ラインを確認し、収益上昇の角度が小さければ小さいほど良い。

P171

How to weed out the losers in a group
グループ内の負け組を排除する方法

Insisting on three years of earnings growth will help you quickly weed out 80% of the stocks in any industry group. Growth rates for most stocks in most groups are lackluster or nonexistent.

3年間の収益成長率にこだわることで、どの業界グループでも80%の銘柄を素早く除外することができる。ほとんどのグループのほとんどの銘柄の成長率は精彩を欠いているか、全く成長がないかである。

P 172

Keep in mind that an annual growth record doesn't necessarily make a company a solid growth stock. In fact, some so-called growth stocks report substantially slower growth than they did in earlier market periods. Many growth leaders in one cycle do not repeat in the next cycle.

毎年の成長があるからといって、必ずしも堅実な成長株であるとは限らないことを覚えておく必要がある。実際、いわゆる成長株と呼ばれる企業の中には、市場の初期段階に比べて成長率が大幅に低下しているものがある。あるサイクルで成長を遂げた企業の多くは次のサイクルで同じことを繰り返さないのである。

The stock of a company that has an outstanding three-year growth record of 30% but whose earnings growth has slowed to 10% or 15% in the last several quarters acts like a fully mature growth stock.

例えば、3年間の成長率が30%という優れた実績を持ちながら、ここ数四半期の利益成長率が10%や15%に鈍化している企業の株式は、完全に成熟した成長株のように見える。

Older ad larger organizations are usually characterized by slower growth, and many of them should be avoided. America is continually led and driven by new innovative entrepreneurial companies. They, and not our government, create our new industries.

古い大規模な組織は通常、成長が鈍化する特徴があり、その多くは避けるべきである。アメリカは常に新しい革新的な起業家精神を持った企業がリードし、牽引している。政府ではなく、彼らが新しい産業を生み出しているのである。

P. 175

How PriceEarnings Ratios Are Misused

Many wall street analysts put a stock on their "buy" list because it's selling at the low end of its historical P/E range. They'll also recommend a stock when the price starts to drop, thereby lowering the p/e and making it seem like an even bigger bargain.

ウォールストリートのアナリストの多くは、過去のPERレンジの下限で販売されている銘柄を「買い」のリストに入れる。また、価格が下がり始めると、PERを下げてさらにお買い得感を出したその銘柄を推奨する。

P 175

A great deal of P/E analysis is based on personal opinions and theories that have been handed down through the years by analysts, academicians, and others, whose track records when it comes to making money in the market are both questionable and undocumented.

P/E分析の多くは、アナリストや学者など、市場での収益実績に疑問のある人たちが長年にわたって語り継いできた個人的な意見や理論に基づいている。

P 175

There are no safe, sure things in the market. That's why you need avoid or sell rules as well as buy rules.

市場において安全で確実なものなどなにもない。だから、買いのルール同様に避けたり打ったりするルールも持つ必要があるのである。

P. 176

Reliance on P/E ratios often ignores more basic trends. The general market, for example, may have topped, in which case all stocks are headed lower. To say a company is undervalued because at one time it was selling at 22 times earnings and it can now be bought for 15 is ridiculous and somewhat naïve.

PERに頼ることは、しばしば基本的なトレンドを無視することにつながる。例えば、一般的な市場は頂点に達しているかもしれず、その場合、すべての銘柄は下降していくことになる。一時は22倍で売られていた企業が15倍で買えるようになったからといって、その企業が過小評価されているというのは、馬鹿げているし、いささかナイーブである。

P 176

One way I do sometimes use P/E ratios is to estimate the potential price objective for a growth stock over the next 6 to 18 months based on its estimated future earnings.

私も時々PERを使うが、それは、成長株の将来の推定利益に基づいて、今後6ヶ月から18ヶ月間の潜在的な目標株価を見積もるためである。

P 176

I may take the earnings estimate for the next two years and multiply it by the stock's P/E ratio at the initial chart base buy point, then multiply the result by 100% or slightly more.

私は、今後2年間の業績予想を、最初のチャートベースの買いポイントにおける株価のPERに乗じて、その結果を100%もしくはそれ以上にすることがあります。

This is the degree of P/E expansion possible on average if a growth stock has a major price move.

これは、成長株が大きな値動きをした場合に、平均的にとりうるPERの度合いである。

This tells me what a growth stock could potentially sell for during bull market conditions. However, there are some bull markets and certain growth stocks that may have little or no P/E expansion.

この数値は、成長株が強気の相場で売れる可能性を教えてくれる。しかし、強気の市場や成長株の中には、PERがほとんどあるいは全く拡大しないものもあります。

P. 176

For example, Charles Schwab's stock breaks out of its first base at $43.75 per share (as it did in late 1998) and its P/E ratio at the beginning buy point is 40 multiply 40 by 130% to see that the P/E ratio could possibly expand to 92 if the stock has a huge price move. Next, multiply the potential P/E ratio of 92 by the consensus earnings estimate two years out of $1.45 per share. This tells you what a possible price objecttive for your growth stock might be.

例えば、チャールズ・シュワブの株価が一株当たり43.75ドルで最初のベースを抜けた場合(1998年後半に抜けたように)、買い始めのポイントでのPERは40で、 40に130%を掛けると、株価が大きく動いた場合にPERが92まで拡大する可能性があることが分かります。次に、この潜在的なPER92倍に、2年後のコンセンサス利益予想である1.45ドルを掛けます。これにより、成長株の価格目標の可能性がわかる。

ログインするとコメントできます