Open2

docker-machine使ってやっていっている際に、今までDocker Desktopにおんぶにだっこだった部分をちょこちょこ調べているのでまとめる

no space left on device. って言われているとき、Docker DesktopのときはGUIでポチポチやってた。

または、 prune で基本的に削除しろって言うことのほうが多いかもしれんけど、デフォルトが少ないとかあるので、そのあたりは、拡張する方法もありかと。
現状のサイズを調べるために、docker system df を使う
ここで、RECLAIMABLE って部分が100%になってたらフルで使ってますってこと
一旦 docker-machine のデフォルトを削除して再作成する

docker-machine rm default

100GBぐらいメモリ8Gで作成し直す

docker-machine -D create -d virtualbox --virtualbox-memory 8096 --virtualbox-disk-size "100000" default

virtualboxのストレージが希望ぐらいの大きさになってればok
環境変数を入れ直してやって作業再開

eval $(docker-machine env)

参考

https://jojozhuang.github.io/architecture/creating-docker-machine-with-more-disk-space/

起動時になんかつながらんというパターン(portとかあっているのにー)

どうやらホストがlocalhostとして認識しないようで、docker-machine env で入る DOCKER_HOST 環境変数を使うとつながる

例えばnginxを動かすときは

docker run -it --rm -p 8090:80 nginx

http://localhost:8090 にアクセスしても駄目で、DOCKER_HOST の環境変数にある場所じゃないと駄目。

コレなんかできないんかな?

ログインするとコメントできます